読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

中山七里

中山七里 写真=干川 修
職業・肩書き
作家
ふりがな
なかやま・しちり

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1961年、岐阜県生まれ。2009年『さよならドビュッシー』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、デビュー。著書に『セイレーンの懺悔』『ヒポクラテスの憂鬱』『作家刑事毒島』『どこかでベートーヴェン』『月光のスティグマ』『総理にされた男』『闘う君の唄を』など多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2009年
『さよならドビュッシー』第8回このミステリーがすごい!大賞

「中山七里」のおすすめ記事・レビュー

その歌は勇気を伝播する――中島みゆき特集 番外編

その歌は勇気を伝播する――中島みゆき特集 番外編

時代は変われど、中島みゆきさんの歌の価値は変わらない 編集I

ダ・ヴィンチでの中島みゆきさんの特集は、今回で3回目。前回は2010年11月号なので、約9年ぶりです。 1月8日に43枚目のオリジナルアルバム『CONTRALTO(コントラアルト)』をリリースしたみゆきさんは、現在「結果オーライ」と銘打った最後の全国ツアー中。

デビューから45年という長きにわたって、みゆきさんが届けてくれたさまざまな楽曲。私達はどんなふうに受け取ってきたのでしょうか?

今回の特集の総ボリュームは、36ページ。 それぞれの企画についてご紹介すると――。

●対談 中島みゆき×糸井重里 オープニングでありメインともいえるのが、ニューアルバムをテーマとした、みゆきさんと糸井重里さんとの対談。タイトル『CONTRALTO』については「私の音域のことです」とみゆきさん自身が答えていますが、果たしてその意味するところは? みゆきさんが発表した楽曲について語ることは、これまで決して多くありませんでした(だからこそ、私達はその歌をそれぞれの解釈で自分に寄せられるのかもしれませんが)。

そんな…

全文を読む

声優・夏川椎菜×小説家・中山七里が語った、声優として小説家として生き残るために必要なもの!

声優・夏川椎菜×小説家・中山七里が語った、声優として小説家として生き残るために必要なもの!

 2019年2月に発表した自身の写真集『夏川椎菜1st写真集 ぬけがら』をモチーフに切なくて爽やかな青春小説『ぬけがら』を書き下ろした声優の夏川椎菜さん。 『さよならドビュッシー』で「第8回このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、これまでに数々のミステリ作品を発表。 “どんでん返しの帝王”という異名をもつ作家・中山七里氏。  そんなお二人の初顔合わせとなる対談が実現。お互いの作品の印象や「創作について」、「才能とは何か」にまで話題はおよんだ。最後に夏川さんの意外な一面も明らかに!?

中山七里(以下、中山) 僕は『ぬけがら』を読んで、非常に切ない話だと思いました。ある女の子と出会った人たちの一瞬をきりとった連作短編集の形をとっていますが、全体を通して語られているのは才能のこと。デザイナーをめざしてプロの世界に入ったはいいが、才能の限界を感じて脱落してしまった女の子を通じて、語り手はそれぞれ自分自身を見るわけです。小説家も声優も同じですが、資格のいらない商売で生きていくことの厳しさを、よくご存じの方が書いていらっしゃる作品だな、というのを端々から感…

全文を読む

「このミス」ドラマシリーズ第4弾「連続殺人鬼カエル男」の主演が工藤阿須加に決定!

「このミス」ドラマシリーズ第4弾「連続殺人鬼カエル男」の主演が工藤阿須加に決定!

『連続殺人鬼カエル男』(中山七里/宝島社)

 中山七里原作のドラマ「連続殺人鬼カエル男」の主演が工藤阿須加に決定したことが明らかに。謎の殺人鬼を追い詰める若手刑事を演じるとあって、「あの強烈な物語をどう演じてくれるのか楽しみ」と注目を集めている。  同作は、「このミステリーがすごい!」大賞から生まれたドラマシリーズの第4弾。動画配信サイト「U-NEXT」とカンテレがタッグを組み、全部で5作制作される予定で、これまでに山本巧次原作&佐久間由衣主演の「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」と登美丘丈原作&阿部進之介主演の「名もなき復讐者 ZEGEN」が放送されてきた。  中山が手がける『連続殺人鬼カエル男』は、無秩序に猟奇的な殺人を繰り返す“カエル男”を描いた物語。カエル男が最初に手にかけた女性の死体は、口にフックをかけられてマンションの13階から全裸でぶら下げられた状態で発見される。死体のそばからは子どもが書いたような犯行声明文が発見され、警察の捜査が進展しないまま第2、第3の殺人に発展。町の人々を恐怖と混乱に貶めたカエル男を捕まえるため、刑事の渡瀬と古…

全文を読む

旅行移動中でもお家でも! GW中にじっくり読みたい王道ミステリー小説5選

旅行移動中でもお家でも! GW中にじっくり読みたい王道ミステリー小説5選

 時間がたっぷりとあるGWは、なにかおもしろい本に触れたくもなるもの。そんな時は、王道のミステリー小説をじっくりと楽しみ、スリル感を満喫してみてはいかがだろうか? 長年愛され続けている王道ミステリーにはラスト1ページまで楽しめる仕掛けが盛りだくさん。本稿では、特におすすめしたい作品を5つご紹介したい。

■死刑判決を受けたの冤罪死刑囚を救うカギは「階段」に

『13階段』(高野和明/講談社)

 ミステリー好きがみな口をそろえて絶賛するのが、高野和明氏が手がけた『13階段』(講談社)。物語は、定年間近の刑務官・南郷正二が仮釈放された服役囚・三上純一に、10年前に起きた殺人事件の再調査を依頼することから始まる。南郷は犯人とされる死刑囚・樹原亮の冤罪を晴らしてほしいと頼む。生活苦だった三上は多額の報酬に惹かれ調査を引き受けるが、その裏には想像を絶するような真実が隠されていた。本作のカギを握るのは、「階段」。死刑執行まで残り3カ月しかない中、三上は真実にたどり着き、樹原の命を救うことができるのだろうか。

■どんでん返しな猟奇的殺人にハラハラ…

『ハサミ男』(殊能将之/…

全文を読む

裁かれるべき正義とは――? 上川隆也、『テミスの剣』で10年ぶりのテレ東ドラマ出演

裁かれるべき正義とは――? 上川隆也、『テミスの剣』で10年ぶりのテレ東ドラマ出演

『テミスの剣』(中山七里/文藝春秋)

 中山七里の推理小説『テミスの剣』がTVドラマ化されることが分かり、この発表にファンから「めっちゃ観たい!」「原作が絶賛されてたから楽しみすぎる!!」と興奮の声が続出している。

『テミスの剣』は不動産屋夫婦殺害事件で1人の青年が逮捕・死刑宣告を下されるも、新たな類似事件が発生したことで刑事が奔走する姿を描く。自白強要による冤罪を題材にした作品であり、中山の連作短編集『静おばあちゃんにおまかせ』の主要人物・高遠寺静も現役裁判官として登場。

 平成5年の夫婦殺害事件と平成9年に起きた殺人事件が繋がりを見せ、時を経て事件の真相を暴き出そうとする刑事・渡瀬を上川隆也が演じる。映画や舞台などで活躍を見せる上川だが、テレビ東京のドラマに出演するのは10年ぶりのことで、さらに1人で20代から50代までの渡瀬を演じ分ける。

 上川は同作について「『散りばめられた謎』がとても魅力的で、加えて物語を巡る人間模様が、核となる『正義』を巡って重厚に、そして幾重にも綾なされ、大いにそそられる内容でした」と絶賛。「ミステリーの部分でもドラマの部…

全文を読む

暴行を受け、無惨にも顔を焼かれた少女。殺したのは誰なのか… 慟哭のラスト16ページ! 中山七里のノンストップミステリー『セイレーンの懺悔』献本プレゼント

暴行を受け、無惨にも顔を焼かれた少女。殺したのは誰なのか… 慟哭のラスト16ページ! 中山七里のノンストップミステリー『セイレーンの懺悔』献本プレゼント

 株式会社ドワンゴが運営する日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、株式会社KADOKAWAが発行する本とコミックの情報サイト「ダ・ヴィンチニュース」がコラボして開催されている「献本プレゼント」企画。  「読書メーター」のWEBサイト、又は連携するTwitter/Facebookで応募する旨をつぶやくだけで参加でき、各書籍毎に抽選で10人に注目書籍がプレゼントされる。毎週月・木の最大2回にわたって開催されており、受付期間は1週間。毎週様々な本が取り上げられている。

2016年11月28日(月)からは、ドラマ化もされた『さよならドビュッシー』や『ヒポクラテスの憂鬱』などでお馴染みの作家・中山七里による『セイレーンの懺悔』がプレゼント企画に登場。同作品は著者のサイン入りでのプレゼントとなる。  同作は、“どんでん返しの帝王”と呼ばれる中山が、「報道」のタブーに切り込んだ衝撃作。書店員などから「社会性のあるテーマ、ぐいぐい読ませるテンポの良さ、二転三転する真相。中山七里の魅力がいかんなく発揮されたされた小説!」「充満する“普通の人々”の毒気が全開で、読…

全文を読む

累計100万部突破!『このミス』大賞受賞作「さよならドビュッシー」シリーズ最新作は、天才ピアニストの高校時代のほろ苦い青春を描いた音楽ミステリー!

累計100万部突破!『このミス』大賞受賞作「さよならドビュッシー」シリーズ最新作は、天才ピアニストの高校時代のほろ苦い青春を描いた音楽ミステリー!

『どこかでベートーヴェン』(中山七里/宝島社) 自分の才能が、河原の石ころ程度のものだと気づかされたのは、いつのことだったろう。幼い頃から「特別な存在だ」と言い聞かされて育ってきたというのに、才能ある人間の前に立たされた時、自らの才能はあまりにも平凡だった。自分が才能だと思い込んでいたものは、せいぜい河原の石が丸いか四角いかくらいの違いに過ぎず、本物の鉱物を目の当たりにした時、そのまばゆさに思わず目がくらんだ。他人の秀でた才能に、そんな挫折を経験したことはないだろうか。

中山七里氏の最新刊『どこかでベートーヴェン』(宝島社)は、才能ある転校生を迎えた音楽高校で巻き起こるさまざまな事件を描いたほろ苦い音楽ミステリーだ。中山七里氏といえば、2010年『さよならドビュッシー』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。この作品に登場する天才ピアニスト岬洋介が活躍する「さよならドビュッシー」シリーズは、累計100万部を突破する大きな話題を呼んでいる。『どこかでベートーヴェン』も、この同シリーズの5作目。優れた推理力で事件を解決へと導く、天才ピアニスト・岬洋介…

全文を読む

理想の政治とはなにか? 国民の大命題を直球で描いた痛快物語―『総理にされた男』中山七里インタビュー

理想の政治とはなにか? 国民の大命題を直球で描いた痛快物語―『総理にされた男』中山七里インタビュー

 安保法案、原発、沖縄基地など問題山積の安倍政権に、国民の関心が高まっている。しかし、各地でデモや集会が行われている一方で、投票率はどんどん下がっているのが現状だ。編集者から「社会的テーマのミステリーを」というお題をうけた中山七里さんは、この国民の意識と行動のズレに目をつけた。  新刊『総理にされた男』は、首相と瓜二つの売れない役者がひょんなことから首相に成り代わり、政界を動かしていく痛快なエンターテインメント小説だ。

中山七里 なかやま・しちり●1961年岐阜県生まれ。2009年、『さよならドビュッシー』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。同作はシリーズ化されのちに映像化。『贖罪の奏鳴曲』『連続殺人鬼 カエル男』『切り裂きジャックの告白』『七色の毒』『追憶の夜想曲』『アポロンの嘲笑』『テミスの剣』『月光のスティグマ』など著書多数。  

「最初にばらしてしまうと、チャップリンの『独裁者』が元ネタになっているんです。古今東西、入れ替わりネタの作品はたくさんありますが、その大元になっているのがあの映画ですよね。それで今回、何をしたかったかとい…

全文を読む

「中山七里」のおすすめ記事をもっと見る

「中山七里」のレビュー・書評をもっと見る

「中山七里」の本・小説

境界線

境界線

作家
中山七里
出版社
NHK出版
発売日
2020-12-16
ISBN
9784140057155
作品情報を見る
笑え、シャイロック (角川文庫)

笑え、シャイロック (角川文庫)

作家
中山七里
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-10-23
ISBN
9784041099551
作品情報を見る
夜がどれほど暗くても (ハルキ文庫)

夜がどれほど暗くても (ハルキ文庫)

作家
中山七里
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-09-30
ISBN
9784758443630
作品情報を見る
護られなかった者たちへ

護られなかった者たちへ

作家
中山七里
出版社
NHK出版
発売日
2018-01-25
ISBN
9784140056943
作品情報を見る
隣はシリアルキラー

隣はシリアルキラー

作家
中山七里
出版社
集英社
発売日
2020-09-25
ISBN
9784087717235
作品情報を見る
セイレーンの懺悔

セイレーンの懺悔

作家
中山七里
出版社
小学館
発売日
2016-11-15
ISBN
9784093864527
作品情報を見る
ネメシスの使者 (文春文庫)

ネメシスの使者 (文春文庫)

作家
中山七里
出版社
文藝春秋
発売日
2020-02-05
ISBN
9784167914363
作品情報を見る
銀齢探偵社 静おばあちゃんと要介護探偵2

銀齢探偵社 静おばあちゃんと要介護探偵2

作家
中山七里
出版社
文藝春秋
発売日
2020-10-12
ISBN
9784163912714
作品情報を見る

「中山七里」人気の作品ランキングをもっと見る

「中山七里」の関連画像・写真

「中山七里」の関連画像・写真をもっと見る