映画『すずめの戸締まり』公開記念特集 小説で表現される新海誠の世界

映画『すずめの戸締まり』公開記念特集
小説で表現される新海誠の世界

小説で表現される新海誠の世界 関連記事

思春期の三葉には恥ずかしすぎる“口噛み酒”の儀式。…「神様、来世は私を東京のイケメン男子にして!」/小説 君の名は。③

山あいの田舎町に暮らす女子高校生・三葉(みつは)は、自分が男子高校生になる夢を見る。一方、東京の男子高校生の瀧(たき)も同じく奇妙な夢を見る。やがてふたりは夢…

思春期の三葉には恥ずかしすぎる“口噛み酒”の儀式。…「神様、来世は私を東京のイケメン男子にして!」/小説 君の名は。③

白紙のはずのノートに大きく書かれた「お前は 誰だ?」の文字。女子高校生の三葉(みつは)には見覚えがなく…/小説 君の名は。②

山あいの田舎町に暮らす女子高校生・三葉(みつは)は、自分が男子高校生になる夢を見る。一方、東京の男子高校生の瀧(たき)も同じく奇妙な夢を見る。やがてふたりは夢…

白紙のはずのノートに大きく書かれた「お前は 誰だ?」の文字。女子高校生の三葉(みつは)には見覚えがなく…/小説 君の名は。②

夢を見ていたんだ――。思い出せない“大切なもの”。通勤電車に揺られ、「私は」「俺は」だれかひとりを探している/小説 君の名は。①

山あいの田舎町に暮らす女子高校生・三葉(みつは)は、自分が男子高校生になる夢を見る。一方、東京の男子高校生の瀧(たき)も同じく奇妙な夢を見る。やがてふたりは夢…

夢を見ていたんだ――。思い出せない“大切なもの”。通勤電車に揺られ、「私は」「俺は」だれかひとりを探している/小説 君の名は。①

【新海誠の文学世界】――過去4作の小説で表現された「大丈夫」という言葉の存在/③『小説 君の名は。』

 世界中のあらゆる人と人の間で起こっているコミュニケーションの本質にあるものは、「大丈夫」を送り合うことではないだろうか。おもに言葉で、それから表情や態度で、「…

【新海誠の文学世界】――過去4作の小説で表現された「大丈夫」という言葉の存在/③『小説 君の名は。』

まだ冷気を含む5月の雨の朝。こんな日に地下鉄になんか乗れっこない――孝雄は高校とは反対方向に歩き出す/小説 言の葉の庭①

映画最新作『すずめの戸締まり』の11月公開を控え、過去作品に改めて注目が集まる新海誠監督。2013年に発表し「映像文学」とも呼ばれる映画『言の葉の庭』を、監督…

まだ冷気を含む5月の雨の朝。こんな日に地下鉄になんか乗れっこない――孝雄は高校とは反対方向に歩き出す/小説 言の葉の庭①

【新海誠の文学世界】――過去4作の小説で表現された「大丈夫」という言葉の存在/②『小説 言の葉の庭』

 世界中のあらゆる人と人の間で起こっているコミュニケーションの本質にあるものは、「大丈夫」を送り合うことではないだろうか。おもに言葉で、それから表情や態度で、「…

【新海誠の文学世界】――過去4作の小説で表現された「大丈夫」という言葉の存在/②『小説 言の葉の庭』

約束を4時間も過ぎた雪の夜の駅。うつむく彼女の姿とストーブの懐かしい匂いに胸の奥から熱い感情が込みあげる/小説 秒速5センチメートル④

映画最新作『すずめの戸締まり』に注目が集まる新海誠監督。22年11月の公開に先立ち、2007年公開作『秒速5センチメートル』を、新海誠みずからが繊細な筆致で小…

約束を4時間も過ぎた雪の夜の駅。うつむく彼女の姿とストーブの懐かしい匂いに胸の奥から熱い感情が込みあげる/小説 秒速5センチメートル④

縮まらない距離、確実に流れゆく時間、刺すような空腹…明里との約束の場所へ向かう電車は雪でじりじりと遅れ――/小説 秒速5センチメートル③

映画最新作『すずめの戸締まり』に注目が集まる新海誠監督。22年11月の公開に先立ち、2007年公開作『秒速5センチメートル』を、新海誠みずからが繊細な筆致で小…

縮まらない距離、確実に流れゆく時間、刺すような空腹…明里との約束の場所へ向かう電車は雪でじりじりと遅れ――/小説 秒速5センチメートル③

「一緒の中学に行けなくなった」受話器から聞こえる明里の震える声に、貴樹は感情を抑えることができず――/小説 秒速5センチメートル②

映画最新作『すずめの戸締まり』に注目が集まる新海誠監督。22年11月の公開に先立ち、2007年公開作『秒速5センチメートル』を、新海誠みずからが繊細な筆致で小…

「一緒の中学に行けなくなった」受話器から聞こえる明里の震える声に、貴樹は感情を抑えることができず――/小説 秒速5センチメートル②

「桜の花びらの落ちるスピードだよ」僕たちにとって大切だと思う知識を交換しあうことがふたりの習慣だった/小説 秒速5センチメートル①

映画最新作『すずめの戸締まり』に注目が集まる新海誠監督。22年11月の公開に先立ち、2007年公開作『秒速5センチメートル』を、新海誠みずからが繊細な筆致で小…

「桜の花びらの落ちるスピードだよ」僕たちにとって大切だと思う知識を交換しあうことがふたりの習慣だった/小説 秒速5センチメートル①

【新海誠の文学世界】――過去4作の小説で表現された「大丈夫」という言葉の存在/①『小説 秒速5センチメートル』

 世界中のあらゆる人と人の間で起こっているコミュニケーションの本質にあるものは、「大丈夫」を送り合うことではないだろうか。おもに言葉で、それから表情や態度で、「…

【新海誠の文学世界】――過去4作の小説で表現された「大丈夫」という言葉の存在/①『小説 秒速5センチメートル』