文芸・カルチャー

2013年上半期、もっとも面白かった小説は『64(ロクヨン)』に決定!

2013年上半期、もっとも面白かった小説は『64(ロクヨン)』に決定!

 2位は朝井リョウの直木賞受賞作『何者』。出世作が原作の映画『桐島、部活やめるってよ』が日本アカデミー賞を受賞し、上半期で一気にファン層を拡大させた。朝井は社会人2年目の兼業作家だが、コンスタントに新作を発表しており、下半期の動向も注目したい。また、直木賞同時受賞の安部龍太郎の『等伯』は...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ