文芸・カルチャー

被災者たちに「哀しみの終わり」はあるのか―伊集院静『それでも前へ進む』レビュー

被災者たちに「哀しみの終わり」はあるのか―伊集院静『それでも前へ進む』レビュー

 飾らないひと言に心をつかまれる時がある。書名だけで伝わるメッセージがある。読む前から作者の魂を感じる本がある。 『それでも前へ進む』(伊集院静/講談社)は、そんな一冊だ。  JR東日本の車内誌「トランヴェール」にて連載され、2000万人が泣いたと言われる伊集院氏の伝説のエッセイ「車窓に揺れる記憶」。200...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ