エンタメ

過去3年分の混雑状況も収録!ディズニーランドとシーに33年間通い続ける一家のすごいディズニーガイド


『吉田さんちのディズニー日記 365日の攻略法』(吉田よしか/KADOKAWA)

「ディズニーが混雑しない日、教えます。」

 そんな看板が道端に出ていたら、通りかかる人の多くが足を止めるだろう。

 ディズニーリゾートは、老若男女問わず人々を虜にする夢の国。でも、果たして私たちはその愛すべきディズニーをどのくらい知っているのだろうか。

吉田さんちのディズニー日記 365日の攻略法』(吉田よしか/KADOKAWA)は、1日ごとに全く新しいディズニーの楽しみ方を私たちに教えてくれる。どんなディズニーマニアでも、初めて知る情報が必ずあるだろう。それもそのはず、著者は年間ほぼ毎日のように東京ディズニーリゾートを訪れ、「東京ディズニーリゾート知識王No.1決定戦」(日本テレビ)で優勝した経験を持つ、まさに“ディズニーの達人”。365日、ディズニーリゾートに足繁く通って集めた情報が本書では惜しげもなく公開されている。ディズニーリゾートを愛する全ての人のバイブルとなる予感がする一冊だ。

 すぐにでも本書を手に取ってほしいところだが、その中身を少しだけ紹介しよう。

誕生日に乗りたい「ヴェネツィアン・ゴンドラ」

【4月5日】ランドではイースターイベントが開催されるこの時期、ディズニーリゾートで誕生日を迎える人に乗ってほしいのが、ディズニーシーのアトラクション「ヴェネツィアン・ゴンドラ」。船頭さんがハッピー・バースデーの歌をイタリア語で歌ってくれるそう。ゲストの皆様にも祝福され、夢見心地になれること間違いなし。

「ワンス・アポン・ア・タイム」をゆっくり見るには?

【5月30日】2014年5月29日から始まったプロジェクションマッピング、「ワンス・アポン・ア・タイム」。翌日であるこの日に著者が選んだトピックは、混雑しない観賞場所の紹介。人でごったがえすランドにそんな場所あるの?と思わず疑いたくなるそこはなんと、シンデレラ城の脇にある橋の上。斜め見になるため見逃されがちなこの穴場は、実は雰囲気をばっちり味わえるおススメの場所だという。

新アトラクションは、試運転期間が狙い目!

【6月28日】2012年のこの日は、翌7月にグランドオープンした「トイ・ストーリー・マニア!」の試運転日。グランドオープン初日は400分待ちを記録したアトラクションも、この日は60分待ちだったという。新アトラクションを真っ先に試したいなら、オープン数日前の試運転が狙い目のようだ。

 紹介した内容はほんの一部分だが、全部知っていた!という人はおそらくほとんどいないはず。365日全てを網羅しなくても、斜め読みして数個の豆知識を頭に入れておくだけで得した気分になれるのが嬉しい。

 ちなみに本書には、混雑レベルを示す3年間のデータも収録されている。入場制限になりやすい日がピンポイントで示されていたかと思えば、混雑すると思われがちなあのイベントの日が、実は穴場だったということも……。もちろんディズニーリゾートで味わえる著者のイチオシメニューや、マニアにはたまらない隠れミッキーの情報も満載。これから計画を立てる際に参考にすれば、これまでの何倍もディズニーを楽しめること間違いなしだ。

文=佐藤結衣



TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ