注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
ホラー特集 ヘッダー画像
12件

ホラー特集の記事一覧

夏といえば、ホラー。寝る前に読むんじゃなかったホラー小説…安易に足を踏み入れるんじゃなかった心霊スポット…あまりの恐怖はトラウマになることも…。今回は、本を開いたらもう後戻りできない『ずうのめ人形』…、SFの御三家と称される小松左京氏が描くホラーをコミカライズした【小松左京の怖いはなし】、稲川淳二主催の「怪談ワールド・グランプリ」レポート、“心霊スポット散歩”、「楳図かずお」から「つのだじろう」まで“恐怖”作家を網羅した怪奇マンガの歴史などなど、連日の暑さを忘れてひんやりできる「ホラー特集」をお届けします!

世界の怪談自慢が結集! 史上初 “怪談オリンピック”、稲川淳二が審査委員長!【第1回怪談ワールド・グランプリ詳細レポート】

 2016年8月13日、日本記念日協会によって〈怪談の日〉と制定されているこの日、東京のアトレ秋葉原1号店にて「第1回怪談ワールド・グランプ…

70年代の少女マンガは、恐怖の作品ばかり……!? 真夏の夜は、オカルト・怪奇マンガを集めた一冊をおともに

『大人の少女マンガ手帖 オカルト・怪奇ロマン』(『このマンガがすごい!』編集部/宝島社)  寝苦しい真夏の夜に読みたいものといえば、やはりホ…

子どもに独占させるのはもったいない!トラウマ級のホラー絵本5作

 毎月数え切れないほどの点数が刊行されている絵本。その中には、大人も思わず悲鳴をあげてしまう「怖い絵本」も隠れている。ここでは子どもに独占さ…

「楳図かずお」から「つのだじろう」まで“恐怖”作家を網羅! 初めて解き明かされる怪奇マンガの歴史

『戦後怪奇マンガ史』(米沢嘉博:著、赤井祐一:編/鉄人社)  時代が変わろうとも、色褪せない怪奇漫画の世界。これまでにも漫画家ごとについての…

超ブキミに描かれたバルタン星人はまさにトラウマもの! 全編ホラーテイストの楳図版『ウルトラマン』がスゴイ!!

『ウルトラマン完全版I』(楳図かずお/復刊ドットコム)  特撮界に燦然と輝く『ウルトラマン』シリーズが、今年で生誕50周年を迎える。嬉しいの…

新京極通は魔界だった? 鴨川には凄惨な過去が? あなたの知らない怖い京都をご案内

『ほんとうは怖い京都の地名散歩』(浅井建爾/PHP研究所)  日本で有数の観光地として、国内外から多くの観光客が訪れる京都。町が碁盤の目のよ…

東京23区の怪談話。オカルト本と心霊アプリを片手にいわく付きのスポットへ行ってみた!

『怪談現場 東京23区』(吉田悠軌/イカロス出版)  うだるような暑さの中では、なぜか怖い話を求めてしまう。いわゆる“夏の風物詩”ともいえる…

「トラウマ必至!」の最恐コマベスト1 【小松左京の怖いはなし『まめつま』】

 『日本沈没など』のベストセラーで知られる作家・小松左京が遺したホラーの名品を、電子書籍オリジナルコミックとして配信する【小松左京の怖いはな…

「トラウマ必至!」の最恐コマベスト2 【小松左京の怖いはなし『骨』】

 『日本沈没』などのベストセラーで知られる作家・小松左京が遺したホラーの名品を、電子書籍オリジナルコミックとして配信する【小松左京の怖いはな…

「特定の誰かを想起した方が怖い作品になる」迫りくる人形と死の恐怖!新鋭による都市伝説ホラー『ずうのめ人形』

 第22回日本ホラー小説大賞を受賞した『ぼぎわんが、来る』で一躍ホラーエンターテインメントの注目作家となった澤村伊智さんが、デビュー第2作と…

「トラウマ必至!」の最恐コマベスト3 【小松左京の怖いはなし『霧が晴れた時』】

 『日本沈没など』のベストセラーで知られる作家・小松左京が遺したホラーの名品を、電子書籍オリジナルコミックとして配信する【小松左京の怖いはな…

最恐実話系ホラー『怪談のテープ起こし』をもっと楽しむためのポイント3つ+α!

『怪談のテープ起こし』 (三津田信三/集英社)  ホラー作家として高い人気を誇る三津田信三の最新作『怪談のテープ起こし』(集英社)が発売され…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ