「富田美憂」声優インタビュー&ミニグラビア【声優図鑑】

アニメ部

2016/4/6

富田美憂

編集部が注目する声優に、声優を目指したきっかけや、初めてのお仕事、そしてプライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのグラビアも交えて紹介する人気企画「声優図鑑」。

第113回となる今回は、「アイカツスターズ!」の虹野ゆめ役、「おしえて! ギャル子ちゃん」のオタ子役などを演じる富田美憂(とみたみゆ)さんです。

――撮影おつかれさまでした。いつも今回のような服装が多いですか?

富田:そうですね。白いフワッとした服が好きでよく着てます。今日は春っぽい感じにしたくて、花柄のスカートとか7分丈を選んできました。

――中学3年生だった2014年に、「声優アーティスト育成プログラム・セレクション」でグランプリを獲得して声優の道へ。声優になりたいと最初に思ったのはいつ?

富田:小学校低学年の時に声優っていう職業を知って以来、ずっとなりたいって思ってました。やっぱりアニメやゲームが好きだったので、自分もその世界に入りたいなって。

――アニメやゲームで好きだった作品は?

富田:少女漫画よりも、バッタバッタと人が倒れていくようなバトルものが好きで、一時期はまってたのが「BLOOD+」。6歳年上のいとこのお兄さんがすごくオタクで(笑)。小さい時からずっと一緒に遊んでたので、その影響を受けて、マンガやアニメを見るようになったのかなって思います。

――オーディションの歌唱では、何を歌ったんですか?

富田:私、「うた☆プリ(うたの☆プリンスさまっ♪)」が大好きで。オーディションでは、美風藍くんのキャラソンを歌いました。すごく緊張してたから、ダメダメだったと思います(笑)。

富田美憂

――「干物妹!うまるちゃん」でタイヘイの幼少期を演じたのが、デビュー作なんですね。

富田:初めての現場で、マイクのどこに立っていいのかさえ分からず…。でも、タイヘイ役の野島健児さんをはじめ、キャストの方々が「ここはこうするんだよ」って教えてくださって。あの時、いろんなことを教えていただいてなかったら、その後に役をもらえることはなかったと思います。すごく良い経験でした。

――その半年後には、「おしえて! ギャル子ちゃん」でオタ子役を。いきなりのメインキャラで、役が決まった時に思ったことは?

富田:すっっっごく嬉しかったです! それまでにもいろんなオーディションを受けていたんですけど、通らないことが続いていたので、ほんとに泣いちゃうくらい嬉しくて。最初はギャル子役でオーディションを受けるお話もあったんですが、自分が演じるならオタ子だなと思って、志願してオタ子役を受けました。

――どんなところがオタ子だなと?

富田:私自身もオタクなところが(笑)。それ以外にも似ているところが多いんですよ。ちょっと相手をからかいすぎて、あとあと「あ、やばい。言いすぎちゃった」って思うところとかもですね。演じれば演じるほど、似ている部分を感じていました(笑)。

――いわゆる保健体育的なおハナシが多い作品ですけど、ストーリーやセリフにドキドキすることも…?

富田:あはは(笑)。家で練習している時に気まずかったりとか…。自分でも知らないことがたくさんあったので、調べてからアフレコに行ってました(笑)。でも、現場で高橋未奈美さんとかにちょっと聞いたりすることもありました。

――ギャグ満載の作品ですけど、現場も賑やかだった?

富田:個性豊かなキャラクターが多いんですけど、それに負けないくらいキャストも面白い方ばかりで。本当に、学校のクラスみたいにワイワイした現場でした。和氣(あず未)さんと高橋(未奈美)さんが中心になってお話していた感じですね。

富田美憂

――4月からは「アイカツスターズ!」の主人公・虹野ゆめ役に!

富田:はい!ゆめちゃん精一杯頑張ります!私もゆめちゃんからたくさん元気をもらっているので、観てくださる方にも元気をお届けして、楽しい気持ちになってもらえたら嬉しいです。

――ゆめちゃんとの共通点は?

富田:私は人見知りしちゃうし、あんまりグイグイいける性格ではないんですけど、これからゆめちゃんを演じることで、何事にも挑戦していけるような性格になれたらな〜と思ってます。

――もともと「アイカツ!」が好きだったそうですね。

富田:もともとデータカードダスのゲームをずっとプレイして、「アイカツ!カード」も集めてて(笑)。バインダー3つ分くらい持ってます。それからアニメも観るようになりました。キャラクターがかわいいですし大好きです!

――「アイカツ!」シリーズで好きなキャラクターは?

富田:やっぱりいちごちゃん。ユリカ様も好きです。いちごちゃんはやっぱり主人公なので…すごくかわいいじゃないですか。見ているだけで元気になるし。ユリカ様は吸血鬼キャラを演じていて、他のキャラクターとちょっと違う雰囲気なんです。もともと前向きな性格ではなかったんですけど、「LoLi GoThiC(ロリゴシック)」っていうブランドに出会って、どんどん自分を変えていくところにすごく感動したというか。

――「アイカツ!」の他に、好きなゲームは?

富田:いろんなジャンルを幅広くプレイするんですけど、特に好きなのは乙女ゲームです。メジャーなところで言うと、「うた☆プリ」とか「薄桜鬼」とか。最近は「DIABOLIK LOVERS」にもはまってます。

富田美憂

――やっぱり「うた☆プリ」が好きなんですね。どんなキャラを攻略したいと思う?

富田:私は、クールでガードの固いキャラクターを攻略するのが好きです! 「うた☆プリ」だと、一ノ瀬トキヤくんを攻略できた時が嬉しかったですね。普段はクールなのに、攻略した後のデレがすごくて、たまらないです(笑)。ギャップがあるキャラはいいと思います。

――攻略したいキャラと、好きになるキャラは一緒?

富田:そうですね…クールな感じが好きなので(笑)。

――高校の友達とゲームで遊ぶことも?

富田:仲がいい子たちもやっぱりアニメ・ゲーム好きが多いので、学校が終わったらゲームセンターに行って「アイカツ!」で遊んだりしてます。その後は、私の乙女ゲームに付き合ってくれたりとか(笑)。放課後はみんなで絵を描くこともあります。私、漫画研究部に所属しているので。20人くらいいて、けっこう人気の部なんですよ。

――ツイッターにイラストをたくさんアップしていますね。

富田:物心ついたときから絵を描き始めて、最初は動物とかだったと思うんですけど、アニメが好きになってからはキャラクターの絵を描くことが多いです。色鉛筆とか、コピックを使うこともありますね。趣味・特技レベルで、マンガ家になりたいと思うまでではないんですけど、けっこう書きためてます。何かに活かせたらいいですね(笑)。

――コミックマーケットにも行きますか?

富田:以前、声優として、冬コミの2日目にイベントをやらせていただいたんですけど、欲しい本があったので、最終日に友達と朝から2〜3時間並びました(笑)。今日は5000円以内にしようってお小遣いを決めて、だいたい何を買うか決めてから出かけるんですけど、いつも予算を超えちゃいます。本以外にグッズもほしいし、絵がかわいいとこっちも欲しい!って、つい買っちゃうので…。

富田美憂

――アニメ化してほしい漫画はありますか?

富田:えぇ〜、ありすぎて困ります(笑)、「ブラッディ+メアリー」はアニメ化してほしいです。主人公の男の子が吸血鬼で、自分のことを殺してくれって神父さんに頼むんですけど、結局その神父さんと一緒に敵を倒していくというアクション系の漫画で、ゴシックな世界観がすごくかっこいいんです。

――思う通りに漫画が描けたら、どんな作品を描きたい?

富田:学園アクションものです!

――漫画は何冊くらい持っている?

富田:本棚2〜3個分くらい。たぶん、200冊くらい持ってますね。学校で人気なのは「黒子のバスケ」。男女問わず人気だと思います。

――漫画の影響で、中二病を発症したことは?

富田:中二病はそんなにないかと思いますけど、妄想癖がすごいですね。定番ですけど、小さい頃に考えていたのは、魔法が使えたらどうしようっていうこと。もし今、魔法が使えるなら、透明人間になりたい(笑)。なんでもしたい放題じゃないですか!学校で授業中に漫画を読んでても怒られなさそうですし(笑)。

――生きているうちに絶対やり遂げたいことはある?

富田:私、宮野真守さんにすごく憧れていて、一緒に歌を歌いたいです。まだお会いできてないんですけど(笑)。小学校の時に「ヴァンパイア騎士」っていうアニメを観ていて、宮野さんが演じていた錐生零くんというキャラクターがすごく好きで、それから憧れるようになりました。

――ヴァンパイアものが好きなんですね。

富田:そうですね、好きな作品が多い気がします!

――宮野さんの歌の中で、特に好きなのは?

富田:ご本人の曲ももちろん素敵なんですが、「うた☆プリ」の一ノ瀬トキヤくんのキャラソンの「七色のコンパス」が好きです。歌詞がぐっとくるし、落ち込んだ時によく聴いてます。もう数百回は聴いてると思います! カラオケでも友達と一緒に「うた☆プリ」の曲を歌いますね。友達もオタクだから、カラオケではほぼアニソン(笑)。「干物妹!うまるちゃん」で田中あいみさんが歌ってたオープニングとか。カラオケで歌うと盛り上がる曲なんですよ。

富田美憂

――普段、ファンレターを全部読んでいると聞きましたが、最近ファンの方から言われて嬉しかったことは?

富田:やっぱり声が好きって言われるのがいちばん嬉しいです。私、もともと自分の声がイヤだったんですよ。ヘンな声だなと思ってて。でも、このお仕事を始めて、ファンの方から声が好きって言ってもらえるようになって、やっと自分の声が好きになれたんです。

――これから挑戦してみたい役柄は?

富田:すっごいドSな役を演じてみたいです。言葉でグイグイ攻めるような。あとはすっごい悪役とか。まだ自分の中で見出せていないキャラクターを演じてみたいですね。

――声優としてチャレンジしたいことは?

富田:歌が好きなので、作中で歌えるようなアニメに出てみたいです!

――最後に、読者へのメッセージをお願いします。

富田:このインタビューを機に、私のことをたくさん知っていただいて、私が演じているキャラクターたちをもっと好きになっていただけたらいいなと思います。これから頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!

【声優図鑑】富田美憂さんのコメント動画【ダ・ヴィンチニュース】

――ありがとうございました!

次回の「声優図鑑」をお楽しみに!

富田美憂

富田美憂(アミューズ)

富田美憂Twitter

「アイカツスターズ!」公式HP

「おしえて! ギャル子ちゃん」公式HP

取材・文=麻布たぬ、撮影=山本哲也、制作・キャスティング=吉村尚紀「オブジェクト