AVは表現手段のひとつ。作る側には価値基準と、覚悟が必要―AV監督・安達かおるが語る「AV表現における責任」【『遺作』インタビュー後編】

インタビュー・対談

約30年にわたり「ヌケないAV」ばかり手がけてきたAV監督・安達かおるさんの『遺作―V&R破天荒AV監督のクソ人生』(三交社)は、安達さんの半生だけを追っているだけではない。やはりAV出演強要問題に積極的に発言す…

本文を読む