オカダ・カズチカ インタビュー「EVILは、僕のレインメーカーが向いていないタイプの選手なのかなと思います」10.9 キング・オブ・プロレスリングに向けて【前編】

エンタメ

2017/9/26

「G1クライマックス 27」では、優勝は逃したものの圧倒的な強さを見せつけた、IWGPヘビー級チャンピオン オカダ・カズチカ。G1を振り返ってもらいつつ、その会期中に読んだ本などを訊いた。

■今は、「G1ロス」みたいな感じです(笑)

――1か月という長きにわたる夏のリーグ戦・G1クライマックス、お疲れさまでした! 長めのオフを過ごされていると思うのですが(※8/29時点)……以前、オフが続くと「注目されたい!」と思うようになって、試合がしたくなる、と話されていました。今回はいかがですか。

オカダ・カズチカ(以下、オカダ): あの時は、僕はオフでしたけど、他の選手は別のシリーズに出場していたんですよ。今回はみんなもオフなので、大丈夫です。ちゃんと休めてます(笑)。

――今回のG1を通して拝見して、オカダ選手らしい「チャンピオン像」のようなものが強く打ち出されていった気がしたのですが。

オカダ: うーん、今年のG1は、チャンピオンとして変にかっこつけずに、「僕も楽しもう」という気持ちでした。チャンピオンであることを、みんなに見せる必要もないかなと……もうみんな知ってますし(笑)。お客さんと同じように、選手もお祭り気分でいいじゃん!と。首の負傷で失速はありましたけど、キツさよりも楽しさのほうが上回ったと思えるようなG1でした。今は、「G1ロス」みたいな感じです(笑)。

――我々ファンだけでなく、オカダ選手もG1ロスですか! 試合後のマイクも素晴らしかったです。お一人だけ全勝が続いて「強過ぎてごめんなさーい!」と叫んだり、試合後「みんなが見たいのは、オレが負けるところだろ、この野郎」とコメントされたり。

オカダ: シングルでずっと負けていなかったですからね。約1年間ですか。なかなかないことですよね。まあでも、(G1中に)負けてしまったわけですが。

――大阪でのEVIL選手との試合が約1年ぶりの敗戦となりました。白熱したすばらしい試合内容でしたが、EVIL選手のことをどんなふうに思われましたか。

オカダ: 僕のレインメーカー(※オカダ選手の必殺技)が向いていないタイプの選手なのかなと思いますね。自分のいつもの勝ちパターンでレインメーカーに行けたのに、最後の最後でEVIL(※EVIL選手の必殺技)で止められてしまった。これからしっかり対策していかなければいけないかなと思います。

――G1での結果を受けて、10月9日の両国大会では、オカダ選手の保持しているIWGPヘビー級のベルトをかけてEVIL選手と戦うことが決定しています。

オカダ: 大阪は公式戦の1つでしたけど、次はベルトがかかっているのでもっと面白い試合になるんじゃないかと……まあ僕が勝てば、面白くなるんじゃないですかね!

■『キミスイ』を読みました

――以前『ダ・ヴィンチ』に出ていただいた時、移動中に本をよく読むというお話をしてくださって、『陸王』と『一流の品格をつくる ホテルオークラの流儀』を薦めていただきました。G1中も本は読まれましたか。

オカダ: 何冊か読みましたね……あ、『キミスイ』(『君の膵臓をたべたい』)を読んだな。

――それは意外です!

オカダ: 流行ってるなと思って(笑)。話題になっている本を読むことが多いですね。

――読んでみていかがでしたか。

オカダ: ハッピーエンドではなかったので……ううーん……ううーんという感じになってしまいました(笑)。ほかにも読んだんですけど、タイトルが思い出せないんですよ。ちょっと見せてください(と机にあった『ダ・ヴィンチ』をめくる)。すみません、ちょっと考えさせてもらっていですか? 気になってしまって……うーん(長い間、唸りながら考える)。

――ちなみにどんな本ですか?

オカダ: ネットで連載されていたのを単行本にしたような……。

スタッフ 燃え殻さんの本じゃないですか?

オカダ: そう、それです! よくわかりましたね。

――『ボクたちはみんな大人になれなかった』ですね!

オカダ: はい。おもしろかったです。最初は本屋さんで見かけて気になっていて、その後ネットで紹介されているのを見て……という感じでしたね。

――書店はまめにチェックされるのでしょうか。

オカダ: 空港とか駅構内に本屋さんがあるとわかったら、わざとそっちの道を通って、本をチェックします。

――そうですか! 本を扱う雑誌として、とても嬉しいです!

★インタビュー【後編】は、9月27日に配信いたします。

■オカダ・カズチカさんが最近読んだ本

【KING OF PRO-WRESTLING】
10月9日(月・祝)@両国国技館
OPEN 15:30/START 17:00

※最新情報は新日本プロレスオフィシャルサイトへ
http://www.njpw.co.jp/

◆テレビ朝日「ワールドプロレスリング」
10月14日(土)深夜2時~放送(予定)
http://www.tv-asahi.co.jp/wrestling/
※地域によって放送日時が異なります。詳しくは番組HPへ

◆CSテレ朝チャンネル2
「ワールドプロレスリング LIVE 2017」
10月9日(月・祝)
午後4時~大会のみどころ
午後5時~生中継

取材・文=門倉紫麻  写真=干川 修