幻の焼物「曜変天目」を再現した陶芸家が殺された!? 藝大出身・美人作家一色さゆり第2作

文芸・カルチャー

2017/10/6

『嘘をつく器 死の曜変天目』(一色さゆり/宝島社)  2016年に『神の値段』で宝島社『このミステリーがすごい!』大賞大賞を受賞してデビューした一色さゆりさん。東京藝術大学出身で受賞当時は香港中文大学大学院美術に学部在籍中だった彼女が、現代アート界を舞台に描いた同作は新機軸のアートミステリーとして注目を集めた。そんな... 続きを読む