「酒井広大」声優インタビュー&ミニグラビア【声優図鑑】

アニメ部

2017/10/17

酒井広大"

 編集部が注目する声優に、仕事に向き合う気持ちからプライベートまでをじっくり伺い、撮り下ろしのミニグラビアを交えて紹介する人気企画「声優図鑑」。

第178回となる今回は、「迷家-マヨイガ-」の光宗役、「A3!」の佐久間咲也役などを演じる酒井広大さんです。

――声優を目指したきっかけは?

酒井:小学生のときにポケモンがブームで、アニメも小学5年生から観て、初めて買ったCDも「めざせポケモンマスター」だったんですよ。サトシ役の松本梨香さんの声を聴いて、声優っていう仕事に興味を持ち始めました。ただ、目指してもいないのに、中学生のときに自分には無理だなってあきらめていたんです。

高校を卒業してから、ゲームが好きだったのでゲームクリエイターの仕事を目指してコンピューター系の専門学校に入って、でも結局、一般の企業に就職して4年間くらい働いて。ありきたりですけど、サラリーマンをしながら“これで一生終わっていいのかな”って思いまして。深夜アニメなんかを観ていたら声優になりたい気持ちが再燃して、会社に「辞めます。東京行きます」といきなり伝えました。

――周りはびっくりしたでしょうね。

酒井:声優になりたいっていう気持ちは、それまで誰にも言っていなかったので(笑)。その頃は求人率が下がっている頃だったし、再就職は厳しいぞと止められました。でも、今の事務所の養成所に受かったことを理由に説得して。東京に出てから所属までの時期はわりと短かったです。ラッキーの連続だったなと思いますね。

――声優になってから初めてアフレコをした作品は?

酒井:2013年に出させていただいたアニメ「カーニヴァル」です。世話係役で一度だけ。それまで、ドラマCDの経験がありましたけど、アニメの現場が初めてで、右も左もわからない上に、他の事務所の方々もいらして…。挨拶した後、その場にいられなくてトイレにこもってました。緊張しすぎて(笑)。

いざアフレコが始まってからも、スタッフさんの要望に全然応えられなくて。結局は居残りになって、たったひとことに15〜20テイクも。それだけこだわってくださるスタッフさんにありがたさを感じながらも、人生終わった…ってくらい頭まっしろでしたね(笑)。たったひとことなのに、きちんとお芝居できないことがくやしくて。

――今思い返すと、何が足りなかったと思いますか?

酒井:作品の雰囲気に馴染めてなかったんだと思います。シリアスなシーンなのに、君だけ学生っぽいねって言われたんですよ。たしかに、作品の空気感や、画面がどう動いてるかっていうのを想像できてなかったんだなと思います。

――他に、学ぶことが多かった作品は?

酒井:どの現場もそうですけど、特にそれが多かったのは、初めて主役を演じさせていただいた「迷家-マヨイガ-」。座長として空気を引き締めたり、作品を引っ張っていかないとっていう責任を感じていて。先輩方から叱咤激励とサポートを受けて、主役としての現場での身の置き方を教わりました。

――ゲーム「A3!」の佐久間咲也も人気のキャラクターです。配信されてから、あっという間に人気作品になりましたね。

酒井:びっくりしました! 本当にうれしいです。

――このキャラクターのどんなところが好きですか?

酒井:咲也は、複雑な家庭環境にも負けず、夢や感動を与えられる役者になりたいっていう一心で生きている子なんですよ。まっすぐで明るくて、とっても素直なところがいいなと思いますし、なんでもすぐに吸収するスポンジみたいなところは役者の鏡。僕も見習いたいなと思いますね。

――ファンから、どんなところが好きだと言われますか?

酒井:「見ていて元気になれる」とか、「守りたくなる」とか。「母性本能をくすぐられる」って言われることも多いですね。咲也は高校3年生ですけど、もうすこし幼なく見えるようなところがあって。そういう声をいただくのは、うれしいことです。

――「A3!」の魅力って、どんなところだと思いますか?

酒井:いろんなアイドル作品がある中で、演劇をモチーフにした作品なんですよね。劇中劇で他のキャラクターを演じたり、咲也のお芝居の熟練度がどんどん上がっていったり、演じる側としても面白かったですし、その成長を感じていただけるところも魅力だと思います。

――10月28日にはファンミーティングも!

酒井:ここまで大きな会場でのイベントは初めてだし、人気が出てきた中でのイベントなので、どんな空気感になるのか楽しみです!

――他のお仕事で、ファンの方に観て欲しい作品は?

酒井:フラッシュビート役を演じた「ブレイブビーツ」ですね。日曜の朝に放送された、どちらかというと子供向けの作品で、ダンスの力で敵を倒すダンスヒーローっていう斬新な設定が面白いんですよ。アニメで名前のある役を演じたのは初めてだったので、この作品を観てましたっていわれるとうれしいですね。変身シーンもあって、昔から憧れていたヒーローを演じられたっていう意味でも、思い入れのある作品です。

――やっぱり小さい頃はヒーローに憧れましたか?

酒井:ヒーローものもそうですし、ロボット系の作品に憧れてました。ガンダムは僕にとってヒーローでしたね。ポケモンもそうですし、やっぱりアニメでしか描けない世界観のある作品が好きでした。

――そして、WEBラジオ「シラサカの白酒喝采!」(毎週月曜20時〜ニコ生)は4月から始まったばかり。どんなラジオなんですか?

酒井:事務所の先輩の白井悠介さんとの完全フリートークです。本当に好き勝手にしゃべってますね(笑)。毎週こういった形で情報発信できるのはうれしいことだなと思いながら、やらせていただいてます。

――フリートークの中で心がけていることは?

酒井:白井さんや周りの方から「脈絡がない」とか「トークがポンコツ」って言われることが多くて(笑)。面白いことを言おうとするほど空回りするんですよ。なので、あまり深く考えないで、ポンポン言っちゃおう!と思ってます。先輩である白井さんの胸を借りる形で…。ただ、他の事務所のゲストさんがいらしたときは、失礼のないように、おもてなしをしないと。ゲストさんのことを事前に調べますし、トークの自由度を少し
おさえます。

――リスナーからのお便りでうれしかったことは?

酒井:どんなお便りもうれしいです! 多いのは恋愛相談とか、人間関係の悩みとか。声優業界って、役者同士でも人間関係が大切になってくるので、そこで参考になるようなことをお話します。日常的な悩みが多くて、突拍子がないのはあんまりないですね。あったらあったで楽しめると思いますが(笑)。そういうお便りに、僕らは超真面目に答えて。時にはぶった切ることもありますけど(笑)。

――白井さんも、きっと真面目な方なんでしょうね。

酒井:真面目な方ですね! 時々ふざけることもありますけど、根は親切だし、優しい。そのギャップが白井さんの魅力なのかなって思います。どうやら、白井さんって普段は大ボケらしいんですけど、僕と一緒のときは違うんですよ。僕がボケすぎるから、白井さんがツッコミに(笑)。「白井さんのツッコミが聴けるのはこの番組だけ」ってリスナーさんからよく聞きます。僕は白井さんにとって、世話が焼ける後輩なんだと思います(笑)。

――フリートークの作戦会議あるんですか?

酒井:ないです。すべてぶっつけです! いきなりボードゲームやりましょう、みたいなこともありますし、自由ですね。持ち込み企画もいいねって話してるんですよ。今ハヤッてるミニ四駆とか、「ちはやふる」から影響された競技かるたとか。

――プライベートで最近気になっていることを教えてください!

酒井:バトミントンが好きで、毎週1回は役者の人たちと集まってやっています。高校のときに部活に入っていたんですけど、10年ぶりくらいに。最初、岡本信彦さんがバトミントンにはまって、八代拓くんも元々バトミントンをやっていて、八代くんとは「迷家」の親友役でつながりがあったので、岡本さんと八代くんが始めたところで、僕に声を掛けてくれました。

――声優でバトミントンをしている方は多いんですか?

酒井:多くはないです。ネットで調べたりして探してみたんですけど。ガチでやっているのは4〜5人くらい。シングルでもできますけど、やっぱりお互いに攻撃的なプレイができるダブルスが楽しんですよ。バトミントンって遊びでもできて、ちゃんとしたスポーツとしてもできる、いい意味で二面性を持っているスポーツ。初心者と経験者の組み合わせでダブルスをするのも面白くて、これからメンバーが増えるといいんですけど(笑)。

――これから、声優として挑戦したいことを教えてください。

酒井:男子たる者、一度はロボットに乗りたいなと。パイロット役ですね。それから、声が高めなので校生の役が多いんですけど、実年齢は30歳過ぎなので、大人の役もできるようになりたいなと。声質的に明るい役、優しい役が多いので、悪役にも挑戦したいし。役者としてのお芝居をがんばっていきたいです。

――お芝居をきわめて、将来はどういう声優になりたい?

酒井:作品を牽引するような主役はやっぱり素敵ですけど、一生やっていくのはなかなかできることではないと思うので、どんな年代になっても現場に必要とされるように役の幅を広げていきたいって思いますね。一生声優を続けていきたいので。まだまだ駆け出しですけど、思い切って声優を目指してよかったなと、今となってはすごく思います。

【声優図鑑】酒井広大さんのコメント動画【ダ・ヴィンチニュース】

――ありがとうございました!

次回の「声優図鑑」をお楽しみに!

酒井広大

酒井広大(さかい こうだい)EARLY WING所属

酒井広大(さかい こうだい)Twitter

◆撮影協力
BC WORLD STUDIO

取材・文=吉田有希、撮影=山本哲也、制作・キャスティング=吉村尚紀「オブジェクト