テーマは2つ。“恋愛小説の名手”が仕掛けた恋ではない愛の物語とは?

文芸・カルチャー

2018/2/6

恋のせつなさと愛の苦しみを独特の筆致と感性で綴る「花鳥風月」シリーズ。『ロミオとジュリエット』を下敷きに、家の呪縛と抗いながら愛しあう男女の軌跡を描いた「ノーブル・チルドレン」シリーズ。 さまざまな形の恋愛、いろいろな関係性の恋人たちを書いてきた綾崎隼さんの新作『君を描けば噓になる』は、作家生活の中で初めて編集側から... 続きを読む