「会沢紗弥」声優インタビュー&ミニグラビア【声優図鑑】

アニメ部

2018/4/26

会沢紗弥"

 編集部が注目する声優に、仕事に向き合う気持ちからプライベートまでをじっくり伺い、撮り下ろしのミニグラビアを交えて紹介する人気企画「声優図鑑」。

 第184回となる今回は、「アイドルマスター シンデレラガールズ」関裕美役や、スターダストプロモーション声優部による6人組声優ユニット「サンドリオン」のメンバーとして活躍する会沢紗弥さんです。

――「アイドルマスター シンデレラガールズ」関裕美役と知られていますが、役が決まる前に不思議な縁があったそうですね。

会沢:そうなんです。第6回総選挙で声がつくことになったアイドルが5人いて、どの子でオーディションを受けるのか決めることができなくて。そんな時にデレステでプラチナガチャ10連をしたら、裕美ちゃんのSSレアが出て。あ、私はこの子になるんだなと感じて、裕美ちゃん役を受けました。

――まさに運命の出会い!

会沢:はい! その知らせを受けた時、ちょうどイベントが終わってタクシーに乗るところで。移動中も涙が止まらなくて大泣きしていたら、何も事情を知らないはずの運転手さんが「おめでとう」と言って、飴をくれました。優しい人でした(笑)。

――最初に裕美ちゃんに出会った時のイメージは?

会沢:裕美ちゃんのノーマルカードって、ちょっと表情が硬いんですよ。こちらをジーッと睨んでいるような感じで。でも、一緒にいる時間が長くなるほど、自然な笑顔を見せてくれるんです。一緒にいれば、その良さに気づいてもらえる女の子だと思います。

――ビジュアルで好きなところは?

会沢:癖っ毛が好きです。あ、でも、全部好きです! 目もきれいなんですよ、すごく。裕美ちゃんは吊り目のことをは気にしてるんですけど、キュンって上がったマツゲが可愛いんです。私はたれ目なので、うらやましいですね。

――キャラが会沢さんに似ていると言われることもありますが、自分ではどう思いますか?

会沢:最初はあんまり似てないなと思ったんですよ。でも、収録を重ねるたびに、「私ってこんなに表情や表現が固かったんだ」って気づくことがあって、悩んでしまって。でも、裕美ちゃんも考えすぎちゃうような女の子だから、同じだなって。このまま裕美ちゃんと頑張っていけばいいのかなって思いました。

――裕美ちゃんを知ることで、自分のこともわかってきたということ?

会沢:そうです。裕美ちゃんを演じることにプレッシャーもあったんです。裕美ちゃんは100人以上いるアイドルの中から総選挙で9位になったんですよ。声がつくのを待っているプロデューサーさんがたくさんいるから、ちゃんとしなきゃなって。でも、思った通りにできなくて、収録のあとに泣いちゃったりして、すごくつらかったです。そんなことでは裕美ちゃんに迷惑をかけちゃうし、応援してくださっていたプロデューサーさんもがっかりさせちゃうし…。

だけど、裕美ちゃんのことがだんだんわかってきて、自分に似てる部分もあるんだなって思えた時から気分がラクになって、楽しくなってきました。今では、演じることが楽しいし、裕美ちゃんのことを日に日に好きになっていくし、これからもずっと一緒に頑張っていきたいなって思います。

――2017年秋には「恋が咲く季節」でCDデビューも。どんな気持ちでレコーディングを?

会沢:なかなかうまくいかなくて…。緊張して、何度も同じところを録り直したりしました。でも、裕美ちゃんに声がついて初めての曲だから、大切に頑張って歌いました。

――会沢さんは、もともとプロデューサーだったそうですね。アイマスのどんなところが好きですか?

会沢:私はシンデレラガールズから入りまして。双葉杏ちゃんが歌う「あんずのうた」を聴いた時に、すごく面白くて可愛い曲だなって思ったのがきっかけでハマりました。アイマスって、すごいアイドルがいっぱいいるんですよ。みんな個性豊かで。だから、総選挙などで声がつく瞬間がすごく感動的で。

――声がつくとやっぱり違う?

会沢:そうですね。ずっと喋っていなかった子に声がつくっていうことが。アイドルから「プロデューサーさん」って呼んでもらえるし、アニメに出たり、CDも出たりと、活動の幅がすごく広がるのが嬉しいです。

――第6回選手権で同じく声がついた他のキャストさんの印象は?

会沢:イベントやラジオで一緒にいると楽しいし、落ち着きます。一緒に頑張っていこうっていう感じで、団結力があるんです。LINEグループもけっこう動いてます(笑)。収録ではみんなから刺激を受けて学ぶことも多いので、私も同じ作品に携わる立場として、同じところま登っていかないといけないなって、すごく思いますね。

――サンドリオンの一員として活動していますが、どんなユニットですか?

会沢:「声の力で世界に煌めけ」をコンセプトに、スターダストプロモーション声優部の同期6人で組んだ声優ユニットです。

――活動していて楽しいことは?

会沢:やっぱりファンの方に直接会えることですね。月に1〜2回イベントをして、一緒に写真を撮ったり、握手をしたり、触れ合う機会があって。直接お顔を見ながら「ありがとう」と伝えられることがすごくいいなって思います。

――これからユニットの一員として力を入れていきたいことは?

会沢:個々が1人の女性声優としても活躍して、その個性とパワーでサンドリオンをもっと盛り上げていきたいです!

――5月に1stミニアルバムがリリース予定ですね。

会沢:結成1周年で、いよいよCDが出せるんだ!って思うと嬉しいです。今まではライブでしかお届けできなかった曲を、みなさんのおうちでも聴いていただけるんですよね。

――会沢さんはアニメが好きだそうですが、見始めたきっかけは?

会沢:小学6年生の1月、たまたま親戚の家から預かっていたテレビで「化物語」の再放送を見て。突然小学5年生の女の子が高校生の男の子に襲われていて、うわーなにこれーって思ったんですけど(笑)。シャフトさんのアニメって、セリフが早口だったり、文字がズダダダダッて出てきたり、独特じゃないですか。そういうアニメを見たことがなかったので、すごく引き込まれました。EDの「君の知らない物語」も好きで。それから深夜のアニメを見るようになりました。

――なかなか強烈な思い出だと思いますが、見事にはまったんですね。小学生から深夜アニメって早いほうじゃないですか?

会沢:そうですね。小学校の友だちとか、周りに深夜アニメを見てる子はいなかったですね。

――他に見ていたアニメは?

会沢:やっぱりシャフトが好きなので、「さよなら絶望先生」とか「魔法少女まどか☆マギカ」とか。女の子がたくさん出ているアニメも好きで、きらら作品もよく見ていました。シンデレラガールズもその頃から好きで。サービス開始したのは小学6年生の時でしたけど、私が知ったのは中学1年の時で、アニメも楽しく見ていました。そのクールに放送されているアニメの第1話を全部録画して、面白いなって思ったものを選んでいって。本当にいろんなアニメを見てきました。

――声優になりたいと思ったのは?

会沢:シャフトさんの作品がきっかけなんです。小さい頃からお芝居と歌うことが大好きでしたけど、女優や歌手になりたいわけではなくて。でも、声でお芝居ができるんだと知って、自分もやってみたいと思いました。そんな気持ちになったのは初めてでした。

――どうやって声優になろうと思ったんですか?

会沢:中学生まで携帯電話を持っていなかったんですけど、高校生になってからすぐにアルバイトを始めて、バイト代で初めて携帯電話を買って。それから声優のオーディションを調べ始めました。養成所に通いたかったんですけど、協力も応援もなかったので、高校生のうちにデビューするにはオーディションしかないなと思って。

――それで、スターダストプロモーション声優部のオーディションを見つけたんですね。

会沢:それまで不合格だったオーディションもいっぱいありました (笑)。今の事務所のオーディションは、アルバイト先にたまたま俳優さんがいらっしゃって、お会計で領収書に「スターダストプロモーション」と書いたんです。芸能プロダクションとか全然知らなかったので、どんな会社なんだろう?と思ってHPを調べたら、ちょうど声優オーディションが始まったばっかりで。受けてみよう!と思いました。

――すばらしい巡り合わせですね! お仕事がオフの日は、どんな風に過ごしていますか?

会沢:休日もほぼレッスンですね。演技やボイトレ、ダンスのレッスンが週に5回あるので。声優部に入った時から続けています。この春で高校を卒業したんですけど、通っている時は放課後すぐにレッスンに行って、夜遅くに帰って宿題をして、また朝高校に行くっていう生活を繰り返して、けっこう大変でした(笑)。

――レッスンで苦手なことはある?

会沢:ダンスが苦手です…。ちょっとつらいなって時もありますけど、声優はずっとなりたかった仕事だから。声優になることはできたけど、声優としてまだ叶えられていない夢がたくさんあるので、それを叶えるためにも頑張りたいです。

――プライベートで凝っていることは?

会沢:可愛いお洋服が好きで、買いに行くのが楽しいです。今日着ているようなリボンやレースがついたワンピースとか。最近買ったブランドは、アンクルージュ、フィント、リズリサです。

――自称オタクの会沢さんがこれだけは譲れない、というものは?

会沢:キャラクターソングですね。よく聴きます。いちばん好きなのは、「囮物語」のOPで千石撫子ちゃんが歌っている「もうそう❤えくすぷれす」。毒々しい曲なんですけど、声も可愛いし、毎日のように聴いてます。いろんなキャラクターソングがあるけど、どんな曲にも作品やキャラクターに合った世界観があって、それを聴くのが大好きです。

――将来なりたい声優像はありますか?

会沢:憧れているのは、田村ゆかりさんです。お芝居が素敵で、曲の世界観や歌も大好きで、ゆかり王国のお姫様としてライブをされていて。私が田村さんを知ったきっかけはラジオなんですけど、飾らない感じの喋り方で、こんな一面もあるんだっていうところに惹かれました。そんな風にいろんなことができる声優になりたいです。「セイレン」に三条りん役で出させていただいた時に初めてお会いして…。私、田村さんのラジオにずっとメールを送っていて、何度も採用していただいてたから、「その時のことがバレたらどうしよう…」って勝手にドキドキしてました(笑)。

――出てみたい作品は?

会沢:シャフトさんの作品ですね、やっぱり! 本当に大好きですし、自分が声優を目指すきっかけを作ってくださったのはシャフトさんなので。

――今、声のお芝居で特に頑張っていることは?

会沢:収録で周りの方のお芝居を気にしてしまうので、キャラクターになりきってお芝居できるように心がけています。どんどん先輩方の演技や技術を吸収して、人としても声優としても成長して、一生声優を続けられるようになりたいです。

――応援してくださるみなさんにメッセージをお願いします!

会沢:最後まで読んでくださってありがとうございました。こんなに自分のことを話すのは初めてだったんですけど、少しでも私のことを知っていただけたら嬉しいです。もっとみなさんに声を届ける機会を増やせるように頑張りますので、これからもよろしくお願いします!

【声優図鑑】会沢紗弥さんのコメント動画【ダ・ヴィンチニュース】

――ありがとうございました!

次回の「声優図鑑」をお楽しみに!

会沢紗弥

会沢 紗弥(あいざわ さや) スターダストプロモーション所属

会沢 紗弥(あいざわ さや) Twitter

◆撮影協力
BC WORLD STUDIO

取材・文=吉田有希、撮影=山本哲也、制作・キャスティング=吉村尚紀「オブジェクト