なぜプロレスラーはわざわざ痛い思いをして闘うのか?<プロレスラー・鈴木秀樹×小説家・黒木あるじ対談>

エンタメ

2018/6/17

(左)黒木あるじ氏(右)鈴木秀樹氏  蟻地獄――。鈴木秀樹の試合を見ると、そんな言葉が脳裏をよぎる。  ビル・ロビンソンから伝授された確かなレスリング技術で、序盤から相手選手をじわじわと自分のペースに引き込んでいく。そして一度、鈴木のペースにハマってしまうと、相手選手は抜け出すことができず、自分のレスリングを見失う。... 続きを読む