乃木坂46・齋藤飛鳥の『トラペジウム』読書感想文

エンタメ

2018/12/21

 眉を下げて笑う。 『トラペジウム』の話をするかずみさん(編注:高山一実)は、いつにも増して早口だった。  この作品を通して私はかずみさんのことを考え、理解し、すべて知り尽くした気になって楽しんでいる。  かずみさんの文章はとても優しい。説明的で分かりやすく、読み手を導く細かな工夫はそう簡単に出来るものではないんじゃ... 続きを読む