萩原利久「どうしても演じたかったタカヒロ。彼の特徴である吃音の芝居は、誰かを真似することなく、タカヒロならでのパターンを1からつくりあげていきました」

あの人と本の話 and more

2019/2/9

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、映画『十二人の死にたい子どもたち』で、吃音を持つ高校生・タカヒロを演じる萩原利久さん。おすすめ本『コンビニ人間』のなかで、これまでになく惹かれた人物のこと、そしてタカヒロを演じるに... 続きを読む