8周年の『アイドルマスター シンデレラガールズ』、それぞれの想い②(久川凪&久川颯編):立花日菜×長江里加インタビュー

マンガ・アニメ

2019/11/5

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロジェクトが始動したのは、2011年。今年でまる8年を迎える『シンデレラガールズ』は現在、東名阪の3都市で、それぞれ「Comical Pops!」「Funky Dancing!」「Growing Rock!」と異なるテーマを掲げたライブツアーを行っている。9月に開催された幕張公演では、ステージ上でパフォーマンスを繰り広げるアイドル(=キャスト)と、彼女たちを見守り、支え、盛り上げるプロデューサー(=ファン)が気持ちを通い合わせる光景を目撃し、改めて『シンデレラガールズ』のライブや楽曲が生み出す引力を実感した。今回も、7周年を機に実現した昨年の特集に続いて、自身が演じるアイドルとの信頼関係や、ライブへの想いを、3都市のライブのいずれかに出演するキャストに、熱く語ってもらった。第2回は、幕張公演に出演した、久川凪役・立花日菜&久川颯役・長江里加の対談をお届けする。

長江さんはウソがつけないから、ちゃんと言ってくれるし、そういうところが頼もしいなって思うし、信頼しています(立花)

――『アイドルマスター シンデレラガールズ』のゲームが始まって8年になるわけですけど、関わる前と実際にプロジェクトの一員になってみて、どんな印象を持ってますか。

立花:私は声優さんになってまだ2年目なんですけど、関わる前は私がアニメやゲームとか、かわいい女の子がいっぱい出てる作品に興味を持つようになった頃には、すでに一大巨頭というか、大きなプロジェクトになっていて。ひたすら「すごいな」っていう感じだったんですけど、関わってみて思うのは、ほんとに皆さんが優しくて、温かい雰囲気を作ってくださる場所だなって思います。優しく温かく迎え入れてくれて、でもただ仲良くするだけじゃなくて、それぞれが役を持っているので、芯がちゃんとしていて、「自分はこうやりたい」っていうイメージを持っていることを、一緒に練習をさせていただいていると感じます。自分もその先輩たちみたいにならないといけないし、せっかく新しい入り方で入ってきた久川姉妹だから、頑張っていかないとって思いました。

長江:私は、関わる前は「声優になったらみんなが目指すような憧れのコンテンツ」っていうイメージがありました。だから、何回か受けさせてもらったんですけど、ようやく久川颯で受かったので、「私もなれるんだあ」と思って。アニメを知らない人、声優に詳しくない人でも『アイドルマスター』は知ってるので、「有名になれる!」と思って、嬉しかったです(笑)。入ってみたら、ウェルカムな雰囲気で、自分らしくのびのびと会話ができたり、みんながすごく優しいことに逆にビックリして、最初は信じられなかったです(笑)。

――(笑)。

立花:私は、決まったと電話をもらったときにドッキリかなって思いました。「こんなのにドッキリかけても面白くないのになあ」って思っていて(笑)。もう、ライブの直前まで思ってましたもん。

長江:あんなに練習してたのに(笑)。なんか、出会ったときめちゃくちゃ緊張してたんですよ。凪は言葉が難しいし、普通の人が絶対に使わないような言葉を使って、会話を勝手に進めていくから。

立花:そう。凪は、私がいなくても成立するなって思ってしまってたんです。でも、デレステの収録くらいから、ちょっとずつわかってきたかな。

長江:私も、ひーちゃん(立花)に言われたよね。ちょっと颯が変わった、距離が近くなったって。最初は、ふたりのかけ合いにも温度差があったけど。凪と颯は、性格もテンションも、違いすぎるので。

立花:スピードも違いますよね。

――ふたりが初めて会ったときのことを振り返ってもらえますか?

長江:スタジオで私が座ってたら、なんかトコトコって歩いてきて、気配を感じると思って、見たらひーちゃんがそこにいて、「たぶんこの子なんだろうな」って思いました(笑)。お互い初対面だったけど、緊張が伝わってきたので、「先輩として話しかけなきゃ」と思って、頑張って話しかけました(笑)。

立花:(笑)私、ほんとに覚えてないんですよね。緊張しすぎていて。私からの長江さんの第一印象は、「かわいい」だったんです。

長江:ええっ!?(笑)。

立花:「かわいい人がいる!」と思いました。収録の帰り道も、いろいろ教えてくれましたよね。

長江:言ったかもね、先輩面して(笑)

立花:今思えば、初対面でそういうことを言ってくれる人って、なかなかいないんじゃないかなって思って。事務所の先輩に指摘をいただくことはあるかもしれないけど、まだ初対面なのに、いろいろなことを遠慮ゼロで言ってくれたんです(笑)。長江さんはウソがつけないから、ちゃんと言ってくれるし、そういうところが頼もしいなって思うし、信頼しています。

長江:すごい。全部書いておいてください(笑)。

――凪と颯について、長江さんから見て立花さんが演じる凪のいいところ、立花さんから見て長江さんが演じる颯のいいところって、それぞれどういうところだと思いますか。

長江:凪のよさはなんだろう? 潔い。コミュで、廊下で凪が迷子になって、プロデューサーから「アイドルやっちゃいなよ」みたいな感じで言われたときに、すぐ受け入れたよね。物怖じしないし。

立花:肝はすごく据わってる。お姉ちゃんだからかな。でも、凪ははーちゃん(颯)と一緒にいるときに、すべてがあるような気がします。はーちゃんが自分の近くにいたり、はーちゃんの存在を前提にしゃべることが多くて。それこそ、「アイドルにならないか」って声をかけられたときも、「アイドル、はーちゃんですね、それは」って。全部の前提の中に、「自分にとってのアイドルは、はーちゃん」みたいな前提があるんです。流されやすいのとはまた違っていて、でも今の段階では謎が多いなって思います。

長江:ミステリアス?

立花:そう。凪はまだそんなに挫折を味わってないというか。だから、これからどうなるのかなって。

長江:器用なのかもね。だって、はーちゃんはアイドルになりたくてオーディションを受けてるのに、凪は受けてないんですよ(笑)。はーちゃんは、とにかく明るくて元気で、溌剌としていて、ほんとに王道のアイドル!っていう感じです。で、けっこう今どきっぽい女の子。あと、はーちゃんは顔がかわいいところが好き(笑)。颯はミーハーなので、私自身もミーハーなので、話が合いそうだなって思います。

立花:絶対仲よさそう(笑)。

長江:うん。しょっちゅう一緒に出かけてそうです。

立花:私、あれが好き。「久川颯でしゅ~」「はーちゃんって呼んでくだしゃい。ピース」って言うところが一番好きです。「ピース」がほんとにかわいくて。

凪はコロコロ表情が変わるけど、ひーちゃん(立花)もそういうパフォーマンスをやっていこうって考えて、実際にそれができることが、本当にすごい(長江)

――ふたりで収録して、幕張のステージでも披露した“O-Ku-Ri-Mo-No_Sunday!”について聞いていきたいんですけども。

立花:私は、レコーディングの経験がほんとになくて、歌を収録するときも不安すぎたので、ものすごく練習していったんです。毎日30回くらいずつ歌ってました。歌詞を全部覚えるくらい練習したから、やっぱり自分の中に自然と入ってくるじゃないですか。なのでいざ本番ってなったときは、あんまり歌のことは考えてなかったというか。自然に出てくるなっていう感覚でした。

長江:最初は、ダンスが難しかったな。

立花:難しかったけど、私の中では、長江さんはダンスも歌もすごくできる人なんですよ。もともと持ってる能力が、すごく高いから。

長江:いやいやいや(笑)。そんなことないです、ほんとに。

立花:だからパフォーマンスにおいても、すごく信頼してました。曲の構成も、基本的にはーちゃんが歌って、凪がちょっかいを出す感じなので、歌は全部お任せして、こっちは好きにやらせてもらえる、みたいな感覚はあったかもしれないです。自分のことをしっかりやる。そうしたら勝手に合わさる、みたいな。でも、練習はいっぱいしたよね。

長江:うん。練習は、ほんとにいっぱいしました。自分たちでスタジオを借りて――ひーちゃんが予約してくれたんですけど。朝から集まって、ずっとやってました。ひーちゃんはやればちゃんとできるってわかってたいたし、そこは私も信頼をしていて。いかにステージ上で楽しくできるか、どうやったら久川姉妹の仲がいい姿を見せられるのか、そういうことをいっぱい考えました。

――実際にステージに立つ前はどういう感じだったんですか。

長江:私は、まったく緊張しなかったです。

立花:すごいよね、ほんとに(笑)。でも確かに、私も緊張はあまりしてないかもしれない。

長江:2日目はしてたけどね(笑)。

立花:2日目はプレッシャーというか……なんだろう、「できないかも」ってずっと言ってて。

長江:うん、急にウジウジし出した(笑)。

立花:(笑)1日目が無事に終わって、家に帰ってTwitterを見たら、思っていた以上に自分が伝えたかった久川凪像、miroir(凪と颯のユニット)像が伝わっていたり、たくさんの人が好意的に受け止めてくれていて、すごく嬉しかったんですよ。凪に関しては、MVを観たときから「アイドルモードの久川凪は表情がコロコロ変わる」って思っていて、そういう子なんだって少しでもいろんな人に伝えたかったので、私も楽しそうにしてみたり、膨れっ面をしてみたり、表情をコロコロさせてみたんです。

――ステージ上で。

立花:はい。それが、1日目が終わった時点で、いろんな人に届いてたのかなっていう印象があって。それが嬉しかったのと同時に、2日目もまったく同じクオリティを――それより上のものを出さないと、2回やってる意味がない、と思ってしまって。「もっと頑張らなきゃ」って思ってしまったときに、「できない」って思っちゃって(笑)、2日目のリハのときに泣いちゃったんです。

長江:最初、具合が悪くて泣いてるのかと思って、「大丈夫?」って訊いたら、「身体は全然元気なんです」って(笑)。もうほんとに直前、センターステージから入場するギリギリまで泣いてたよね。もう全然泣きやまなくて、私は大体一緒にいるから事情はわかりますけど、他のキャストさんたちが心配しちゃうじゃないですか。それに、皆さん絶対に励ましてくれるんですよ。「どうしたの?」「大丈夫だよ」って。優しい言葉をかけてもらったらまた泣いちゃうから、なるべく見せたくなかったんです。ずっと、ギリギリまで「どうやったらひーちゃんを泣きやませられるか」を考えてました(笑)。

立花:申し訳ないです。でも、皆さんに励まされつつステージに出たら、ケロッとして(笑)。

長江:そうそう。「でしょ?」って(笑)。

立花:でも私、“TRUE COLORS”で泣いちゃったんです。

長江:そうだった。感極まったの?

立花:そう。大事な曲に、新人の私たちも入れてもらったのが嬉しかったし、2日目の最後から2番目の曲だったので、「終わっちゃうんだな」って思ったら、ちょっと泣いちゃいました。

――ライブではたくさんの人が応援してくれたわけですけど、声援を初めて体験してみて、どんなことを感じましたか。

長江:私たちはサブステージに立つことが多かったんですけど。皆さんが身体をサブステージに向けてくださったりして、優しいなあ、嬉しいなあって思いました。初めましての方がほとんどだと思うのに、すごくこっちを見てくれて。極力、「誰かと目が合ったらいいなあ」と思いながら。

立花:うそ!? すごいですね。

長江:けっこういろんな人と目が合いました。

立花:私、目が合いそうになったら、逸らしちゃってました。

長江:ツンデレかよ(笑)。

立花:(笑)怖かったんです。目が合っちゃうと、立花が出てきて、緊張しちゃうから。でも、サブステージに立ったときは、後ろの人まで届け~、と思って手を振ったりしました。

長江:確かに。みんなに届いてほしいからね。目が合ったときに、喜んでくれるんですよ。それがすごく嬉しかったです。私と目が合っただけでこんな喜んでくれるんだ~って、この職業に関わって、『シンデレラガールズ』になってなかったら絶対に味わえなかったことなので。だからこそ、それなりに責任もあるんだな、と思いました。

立花:急に真面目(笑)。

長江:(笑)あの舞台で、責任感が養われました。

立花:確かに、それはあります。見せ方も個々に任されてるから、先輩たちのやり方を見て、本当に勉強になりました。モニターを観ていて、ずっと「かわいい」って言ってたもん。

長江:それでいうと、凪はコロコロ表情が変わるけど、ひーちゃんもできる限りそういう見せ方、パフォーマンスをやっていこうって考えて、実際にそれができることが、本当にすごいなって思っていて。私は、いっぱい練習しても身体で覚えられなくて、頭で覚えるタイプで。だからあまり余裕がなくて、逆にもう笑顔でいることしかできなかったんですよね。

――ずっと笑顔でいることで颯になれるなら、それは正しいんじゃないですか。

長江:そう受け取ってくれたら、本当にありがたいです。

立花:でも、そうじゃない? はーちゃんは、ステージではたぶんずっと笑顔だと思う。

長江:でも、はーちゃんだって、ウインクくらいはできると思うんだ。私、ウインクが壊滅的にできないんですよ(笑)。

――(笑)でも、凪にあわせて表情をコロコロ変えるっていう話は、けっこう驚きというか。会場のビジョンを見ていて、「ものすごく表情が変わるなあ」と思っていたので。

立花:そうなんです。

長江:私はわかりましたけどね!

立花:普段そうじゃないからね。

長江:そう。だからモニターを見て「うわっ、あざといことしてんじゃ~ん」って(笑)。

立花:ひどい(笑)! 私、リハーサルでは最初、ニコニコしながら踊っていたんですよ。でも、ニコニコしながら歌ってみたら、凪の声にならなくて。口角が上がっちゃうんです。凪はほんとに脱力でしゃべる子なので、脱力したまま歌わないと凪の声になりにくくて。それを指摘されて、どうしようかなって考えたときに、ずっと仏頂面で歌ったり踊ったりしてもかわいくないし、でも私はかわいい久川凪を見せたいから、自分にできることはなんだろうなって考えました。MVでも、確かに無表情な時間は多いんですけど、凪もニコッとしてみたり、下手なりにウインクしてみたりしていて。これはやるべきじゃないかなあ、と思いました。

長江:ギャップだね。

立花:やっぱり、凪は凪だけど、アイドルモードの凪だから、私もアイドルモードにならないといけないし、やれることはやってみよう、と思って。それがゲネプロのときだったんですけど、ニコッてやったり、仏頂面~ってやってみたりしてたら、モニターを見てくださってた伊達さん(伊達朱里紗。難波笑美役)と、何人かの先輩が、「凪ちゃんみたいな無表情、めっちゃかわいいし、笑顔になるときも凪ちゃんっぽい!」って言ってくださったので、「これでやってみよう」と思って。凪って、「おっ」っていう顔をするんですよ。口がちっちゃくすぼまってる顔をよくするから、それをしてみたり。でも映る瞬間って一瞬で、その顔だけで終わるのはイヤだから、家の鏡の前で練習して(笑)。だから、1日目はほんとある意味挑戦で――私を見に来てくれてる人なんて、お母さんとお父さんくらいだと思ってたから。

長江:これ、ずっと言ってるんですよ(笑)。

立花:(笑)だから緊張もプレッシャーもあまりなくて、自由にできたんです。意識的に凪になるために考えた結果、今の立花にできる久川凪はこれかなっていう感じでした。

長江:すごいね。私も、久川颯として今までとは違う一面を見せられて、すごくよかったなあって思います。はーちゃんは本当に目立ちたがり屋だし、「私が一番かわいいでしょ」「ちゃんと見ててね」って言えちゃう子だから、私自身にもギャップが生まれて、貴重なステージになりました。

――これからも、ふたりでともに歩んでいくと思うんですけど、長江さんは颯に、立花さんから凪にかけたい言葉は何ですか。

長江:これからもブレずに、純粋なままの颯でいてほしいです。落ち込むことがあったとしても、めげずに前を向いて、プロデューサーたちに元気を与えられる存在になってほしいです。

立花:私は、今は凪を引っ張っていくというよりは、凪に引っ張ってもらってることのほうが多い気がしてるんですよ。

長江:自分にないものをいっぱい持ってるっていうこと?

立花:そう。だから、「ついていきます」って思っちゃうんですけど。

長江:凪の思うままに、ね。

立花:たぶん、私が手を引いて先に行くよりは、凪が勝手に歩いて私が後ろからついていくほうが、絶対に凪は輝くと思うんです。前に誰もいないほうが凪は輝く、というか。だから、言葉としては他人行儀みたいになっちゃうんですけど、自分の好きなようにやってくださいって思います(笑)。

取材・文=清水大輔