人には見せない部屋での姿や驚きの食生活が明らかに!「こえずか ~魅力発掘!夢発掘!第4回 声優図鑑 勝手にこえずかアワード~」夜の部レポート

アニメ部

2019/11/23

 2019年10月6日(日)、浜離宮朝日ホール 小ホールにて「こえずか ~魅力発掘!夢発掘!第4回 声優図鑑 勝手にこえずかアワード~」が開催された。ここでは【夜の部】の模様をお伝えする。

出演者は昼の部と同様、厚木那奈美さん、生田善子さん、礒部花凜さん、岩倉あずささん、上田瞳さん、小原莉子さん、澤田美晴さん、社本悠さん、紡木吏佐さん、南早紀さん、村上奈津実さん(50音順)。MCはこりゃめでてーなの伊藤こう大さんが務めた。

「こえずか」は、キャラクターの裏に隠された自分自身をありのままに語る、ダ・ヴィンチニュースの人気連載「声優図鑑」発の声優イチオシ企画。事前アンケートをもとにしたトークコーナーや朗読劇などで、声優個人の仕事の顔からオフの顔まで知ることが出来るイベントだ。「温泉むすめ」などのコンテンツとのコラボも実施されるなど、毎回いろいろと楽しませてくれる。

■本気で危なかった!? 死ぬかと思った驚きのエピソード!

 夜の部も出演者が次の人を紹介するリレー形式で1人ずつ登場。昼の部でのネタを入れてくる人もいて、より仲が深まったことを感じさせる。ステージでの席順は昼と変わり、MCの伊藤さんの隣には社本さん。どうやら社本さんは伊藤さんのトークがツボに入るようで、トーク中には爆笑したり突っ込んでいたりとナイスコンビなところも見せていた。

「こえずか」恒例の表彰、まず選ばれたのは「申し訳ない」。アンケートにびっしり書いてくれたのに、その項目は使用しないことへのお詫びも兼ねた表彰で、村上さんが受賞。村上さんは「好きなシーンが数多くあるアニメは?」の項目に、大好きな『カードキャプターさくら』のことを10行以上書いていたそうで、この場で内容を紹介しながら熱弁を振るっていた。

そして、各種コーナーへ。コーナー自体は昼の部とほぼ同じであるが、紹介するアンケート内容が異なるため、出演者たちのさらなる一面が次々と明らかに。最初は、アンケート回答を紹介しながらメンバーの本音を探っていく『本音リサーチ』のコーナー。コーナータイトルは出演者が演じてみたい役柄風に披露してくれ、ここでは岩倉さんがチビ妖精キャラ風のセリフで演じてくれた。

ひとつ目のアンケート項目は『死ぬかと思った!!!!』。肉体的、精神的を問わず、死ぬかと思ったエピソードを書いてもらったアンケートだ。まず紹介されたのは、「こえずか秋の骨折祭り」と題した3人の骨折エピソード。村上さんは養成所時代の舞台稽古で、岩倉さんは帰省時のスキーで、澤田さんは8年ほどやっていたという剣道で4回も骨折した経験があるという。そんなにみんな骨折していることにMCの伊藤さんもびっくり。しかも、話を聞いてみると後遺症で手を曲げても肩までつかなくなってしまっていたりして、かなり壮絶だったらしい。

厚木さんは交差点で信号待ちしていた時に『車にポーン』とはねられたという、こちらも無事で良かったエピソードだったのだが、それを聞いた生田さんは「私は4回『車でポーン』がある」と謎の対抗エピソード。全部平気だったと笑っていたものの、本当に気をつけてもらいたいものだ。

違う意味で死ぬかと思ったのは礒部さん。『田町・・・かな?』と題して紹介されたのは、リハーサルの待ち合わせ場所に着いたつもりが誰もおらず、その場所は「田町」ではなく「町田」だったという冷や汗ものエピソード。町田から最速の移動手段を検索して、新横浜経由で新幹線を使ったというのもすごい。

■自分の部屋では普段見せる姿とは全く別になる人も!

 そんな礒部さんのタイトルコールで、続いては『私、行ったことがないんです』のコーナー。東京の有名観光スポットだが、実は行ったことがない場所を答えたアンケート回答を紹介していった。「東京出身だから全部行ってる」と自信をのぞかせた、シティーガール・村上さんだったが……案の定、行ったことのない場所の連続だったのはお約束ということで。

紹介された回答は『ジブリ美術館』(生田さん)や『豊洲市場(築地市場)』(社本さん)。いずれも訪れたことのない村上さんに代わり、訪問経験のある岩倉さんや南さんが『ジブリ美術館』の解説をしてくれた。しかし、その南さんの回答は『USJ』。これにはみんな総ツッコミ。どうやらアンケートを書いた時に「東京の」という部分を素で見落としていたようだ。

同種の質問『私、食べたことないんです‥』では、厚木さんが牛丼を食べたことがないと明かす。長野県の実家の周辺には牛丼チェーン店がなかったのだとか。ということで、ステージに運び込まれた牛丼を初体験。もともとこのような味付けは好きだったみたいで、大喜びだった。

続いては、仮想のペットのセリフを通してその人の部屋の様子を探る『クイズ! 誰の部屋でショー』。夜の部のペットのセリフは、小原さんと上田さんが担当した。

「あいつ、まーた悟り開いてる」「なっ!」というペットの声が聞こえてきたのは紡木さんの部屋。普段はテンションが高く明るい彼女だが、その反動からか家に帰るとぼーっと過ごしてしまうらしい。炊飯器のご飯をそのまま放置して、開けたら大変な状況になっていたこともあるのだとか。そんな話題をしていると、仲の良い小原さんからは「服の汗の匂いがすごい」という暴露も。実際にはそこまででもないのだろうが、ネタとしてみんなにいじられていた。

床からの悲鳴が聞こえてきたのは社本さんの部屋。彼女の部屋は、服が多くて足の踏み場がない状況だという。逆に掃除が好きな礒部さんは、「やってあげたら?」と言われて「全然やる!」とにっこり。ただ、本人のアンケートで明らかになったことだが、礒部さんは変な踊りをしながら掃除をしているようで……それでもよければ、ということに。

ほかにも、普段は明るく社交的に接しているが家では天井を見つめるだけの生活をしている生田さんや、料理が好きで冷蔵庫たちも幸せを感じている厚木さんなど、プライベートでの様子が赤裸々に語られる。そして、そんな厚木さんが「ベスト!もっとお話聞かせてほしいで賞」を獲得。本人は、話を引き出してくれた周りの人たちに感謝をしていた。

■一緒に飲んでみたい相手を落とす甘い誘い文句とは!?

 『「声優図鑑」こっちも良かった! 私のお気に入り的1枚~!』では、掲載記事とも昼の部ともまた違った1枚を紹介。写真でやっていたステップをステージで再現してくれたり、鎖骨などの個人的な注目ポイントをあげたりと、イベントならではの楽しさもいっぱい。上田さんは人生初の撮影だったそうで、緊張で寝られなかったと振り返っていた。

続いては、『あなたが一緒にご飯したい、飲んでみたいのは誰ですか?』とのアンケート結果を紹介して、相思相愛のペアがいるかどうかを探っていくコーナー。

社本さんは共通の友人から話を聞いていたという村上さんを指名。しかし、村上さんは同じアニメ『カードキャプターさくら』が好きな岩倉さんと話しをしたいと記入していて、相思相愛ならず。その岩倉さんは恐れ多くて誰の名前も書いていなかったのだが、今の話を聞いて村上さんの名前をあげていた。

小原さんと紡木さんはどちらも澤田さんと書いたものの、当の澤田さんが書いたのは顔が好きという理由で礒部さん。そして、礒部さんは会ったことのない人のことを書けないという子で記入なしという、ここはいずれも一方通行という結果に。ただ、今回のイベントを受けて社本さんと飲んでみたいと礒部さんが言えば、社本さんも二つ返事で嬉しそう。礒部さんによると、社本さんは「幸せの顔」をしているらしい。

また、厚木さんは上田さんを、上田さんと生田さんの2人は南さんを指名。どちらも飲み物や食べ物がフックとなっているようで、唐揚げの美味しい店に連れていってもらいたいと上田さんが言うと、南さんは「専門店は持ち帰りが多いので、買ってお家で(食べながら)飲みましょう」と美女の甘い誘い。上田さんを一瞬で落とす破壊力だ。さらに、生田さんについては「上田さんが出ていった1時間後ぐらいに来てください」という意味深な関係性まで示唆していた。

■個性豊かなゆるキャラも登場した朗読劇!

 最後のコーナーは、ある人の日常をデフォルメしてドラマ化した『私の日常』。夜の部でも3話に渡り、ダイナミックで驚きの演技を披露してくれた。今回も配役とともに紹介していく。

第1話『酢!酢!タバスコ!酢!』
主人公:南早紀
友人:厚木那奈美
タバスコ:小原莉子
酢:生田善子

週に1度は酢飯を食べないと気が済まなかったり、タバスコをドバドバとかけてしまうという主人公の行動を、面白おかしく描いたストーリー。かなり誇張した内容なのかと思いきや、ドラマの元となった澤田さん曰く大体合っているらしい。それを聞いて、社本さんは全く信じられない様子だった。

第2話『私の食生活』
主人公:村上奈津実
友人A:紡木吏佐
友人B:澤田美晴

こちらも食生活に関するもので、この主人公は食べ物にハマると同じものを数ヶ月以上食べ続けるという。ドラマでは蕎麦をひたすら食べていて、驚くことに事実に近いらしい。これは小原さんのエピソードであり、蕎麦なのに「盛られていなかった」という上手い言葉まで飛び出していた。

第3話『ウェダーニュース』
主人公:上田瞳
司会:岩倉あずさ
アシスタント:礒部花凜
コメンテーターA:生田善子
コメンテーターB:伊藤こう大
はんなりキツネ:上田瞳
なからいちょう:厚木那奈美
カッパラッパー:生田善子
みそ串かつ夫:社本悠
ナイッシューくん:村上奈津実

第3話は毛色の違う内容。天気予報風の占いコーナーをやってみたい上田さんの願いを叶えつつ、アンケートで考えてもらった「出身地のご当地ゆるキャラ」をそれぞれが演じていった。実際に描いたキャラクターはスクリーンに表示され、そのキャラらしい口調や声色で楽しいやり取りを披露。イラストの上手さも驚かれていた。

無茶振りをされた収録を振り返って、ポジティブな思考とネガティブな思考が入り乱れるという内容で、収録時にやらされた(という設定の)モノマネや芸人の一発芸が多数飛び出す。それ自体が無茶ぶりになっていたわけだが、みんな芸達者ぶりを発揮して笑いや歓声が起こっていた。このエピソードは紡木さんの回答が元になっており、普段から脊髄反射のように喋ってしまう彼女は、家に帰って反省してしまうのだとか。とはいえ、寝れば忘れるというタイトル通りの性格をしているようだ。

個性的な演技をみせてくれたメンバーから、主演声優賞に選ばれたのは上田さん。そして、夜の部を総合した優勝者は熱演や楽しいトークを披露してくれた南さんとなった。今回も普段は見せないさまざまな表情を見せてくれた「こえずか」。次回の開催もお楽しみに!

■イベント終了後の出演者コメントを紹介!

【紡木吏佐様】
紡木吏佐です! 臭くないです!!!(笑)
「こえずか」で初めましてだった方々には、臭い炊飯器虹色野郎で覚えられていそうで致し方ない…(泣笑)
しかししかし、本当に昼も夜もとっても笑って最高に楽しい時間でした!!
こえずか最高です!! ありがとうございました*\(^o^)/*

【上田瞳様】
内面やプライベートをより深く知れるトーク、そしてハイテンションな朗読劇があり、
出演者全員の魅力が伝わる素敵なイベントだったのではないでしょうか…!
初対面の方が多かった私にとってとても貴重な時間でした!
また出演出来たら嬉しいです!

【礒部花凜様】
こえずかご来場ありがとうございました!
初めましての方々ばかりで、最初は緊張していました…が、皆さんの面白いトークで時間が一瞬で過ぎていきました。お昼の部では、なんと「ベスト!もっとお話し聞かせてほしいで賞!」をいただけて、とても嬉しかったです! 来てくださった皆さんも楽しんでいただけましたか? あたたかい時間をありがとうございました!

【小原莉子様】
小原莉子です!
こえずかは今回の出演で2回目でした。出演者が違うとこうもイベントの雰囲気が変わるのだなぁと実感し、今回は所謂芸人枠?(笑)のような面白い発言をされる方が多くとても刺激的な一日でした! MCの伊藤こう大さんの絶妙な声優さん弄りにより時間の経過とともに出演者皆のテンションが洗練されていく様は、会場に来てくださったファンの皆様にとって新鮮だったのではないかなと思いました。私にとっても普段触れることのないパーソナルな部分を開示することで同業者あるあるみたいな、周りに共感してもらえたことが嬉しかったりもしました。

声優という職業は、現場でご一緒することはあっても限られた時間の中で中々込み入った話をするタイミングがないことが多いのですが、だからこそこういった「トークをする」ことをメインにイベントを通じてお話できる機会は貴重で大事なコミュニケーションツールだなと感じました。そんな素敵なきっかけをくださったこえずか様に感謝感謝です! とても楽しかったです! ありがとうございました!^^

【岩倉あずさ様】
豪華な共演者さんの中で本当に緊張しましたが、トークも演技も初めましての方ばかりだったので、新鮮な気持ちでイベントに臨めてとても良い経験になりました!
来てくださった皆様ありがとうございました!
あ! サブウェイとっても美味しかったです! ご馳走様でした!

【村上奈津美様】
こえずか! 初めての参加でしたがとても楽しかったです。他のキャストのみなさんとほとんど初めましてだったのですが、みなさんほんとに面白い方たちばかりで、昼も夜も笑いっぱなしでした(笑)
MCの伊藤さんもさすがのモノマネのクオリティー、そして面白さに尊敬でした(笑)
個人的には朗読劇がみなさんと楽しく演じられて、会場のみなさんもたくさん笑ってくださって楽しかったです!
キャストのみなさんとこれを機に知り合えて、お話しもできて、中には連絡先を交換できた方もいたりっ! (笑)それも嬉しかったです! 楽しい時間をありがとうございました!!

【厚木那奈美様】
厚木那奈美です。こえずかにお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!
声優としてデビューしてから私のパーソナルなお話を沢山してきたつもりでしたが、
今回初めてお話することも予想以上に多く、本当に貴重な機会を頂けたことに感謝しております。人生初となる牛丼を見守られながら食べたり、トークで表彰して頂けたり、先輩方の知らない一面が見れたりと終始笑いっぱなしのイベントでした!
このこえずかを通して、少しでもでも声優厚木那奈美に興味をもって頂けていたら嬉しいです!
また素敵なこえずか空間の一員になれること、楽しみにしております。本当にありがとうございました!

【生田善子様】
始まるまでは初めましての皆さんと上手くトーク出来るか不安で、せめて”全力で芸人枠にまわって盛り上げよう”と思っていました。
しかしそんな心配は全く不要で、皆さんキャラが濃くシンパシーを感じる方が多かったです。何も気にせず楽しく喋ることが出来ました。
友達が出来ない悩みを話した私ですが、「こえずか」から友達が出来る日が来ることを願っています!

【澤田美晴様】
こえずかのイベントに初参加させていただきましたが、とても楽しい時間でした!
初めましての方ばかりでとても緊張していたんですけど、皆さま優しくてお話が上手な方ばかりなので、安心してイベントを終えることができました!
作品なしでいち声優としてのイベントは初めての経験だったので、とても貴重な時間だったなと思います。皆さまと朗読することが出来てとても楽しかったです!!
あと伊藤さんがお話がお上手で、お笑い芸人の方は本当にすごいなって…! 尊敬します!!
改めて共演者の皆さま、来てくださった皆さま、スタッフの皆さま、楽しい素敵な時間をありがとうございました!
また機会があります様に…!!

【社本悠様】
こえずか お越し下さったみなさん、ありがとうございました
作品のイベントではなく私個人をフィーチャーしていただくイベントは初めてで、その上出演者のみなさまとは初めましてだったのですごく緊張しました…!
でも、会場のみなさまも、出演者のみなさまもあたたかく、素敵な空間になってほんとうによかったです ︎
人生初SUBWAYも今度は野菜を克服して食べに行けるようにがんばります笑!
MCの伊藤さんにはお話ししやすい空間を作っていただきほんとうに感謝です! 芸人さんは偉大!
またこのようなイベントがあれば呼んでいただけるように日々お芝居を中心に磨いていきたいと思います。またどこかでお会いできますように!

【南早紀様】
『こえずか』イベントに出演させて頂きました、南早紀です。
私は今回で2回目の出演でした。今回は事務所の後輩の厚木那奈美さんと一緒に出演させて頂き、先輩として変な所は見せられないと意気込んでいましたが、さすが『こえずか』….私の全てを暴かれてしまい、厚木ちゃんには迷惑をかけてしまったなぁと思っています….ごめんね…(笑)
出演者さんが違うとこうも違うかと思うくらい今回も凄く面白くそして癖のある方々ばかりで、私自身とても楽しんでしまいました! 声優としてだけではなく、新しい自分を皆さんに知って頂ける機会はなかなか無いのでこえずかのイベントは本当に嬉しいです! まだ行ったことないよって方はぜひ観に来てほしいです! 推しの新たな一面や新しい推しを見つけるくらい凄く楽しいイベントです。
ありがとうございました!

こえずか

こえずか公式サイト