「恋愛の不安を取り除く解決策も書きました」失恋しても七転び八起きの女子ツイッタラー 新作エッセイ記念インタビュー

恋愛・結婚

2020/4/10

 思い通りにいかないけれど、やっぱり恋愛って楽しい。失恋して何度も傷ついても、いつか幸せになれるはずだから諦めない。

 ツイッターを通し、独自の恋愛論や恋の妄想を綴り続けてきたもちこ(@mochikodayoyo)。初の恋愛エッセイ『「運命の恋」のはずなのに、どうして私の彼氏じゃないんだろう』(KADOKAWA)から約半年、早くも2冊目となる『未来を約束するほど好きなのに、どうしてまだ不安なんだろう』(KADOKAWA)を4月9日に上梓した。

 1冊目からさらに約5万人のフォロワーを集め、YouTubeチャンネル「もちこのもちもち相談室」を開設するなど、精力的に発信を続けている彼女に、今の思いを聞いてみた。

もちこの2作目書籍となる『未来を約束するほど好きなのに、どうしてまだ不安なんだろう』

――2冊目を書き終えての率直な思いを聞かせてください。

 1冊目を出せることになったのも、書き終えて無事出版できるのもいつも応援してくださる方々のおかげです。本当にありがとうございます。1冊目では触れられなかった恋の悩みや不安について書くことができたので良かったです。よりパワーアップしたエッセイをみなさんに読んでもらうのがとても楽しみです!

――今作のテーマを紹介してほしいです。

 ようやく恋が始まったのに、不安が拭えない人、恋を全くしていなくて始め方がわからない人に向けて書きました。その不安はなんなのか具体的に言語化したり、恋を始めるにはどのようなマインドでいたら良いかを書きました。読み終えた人が今の恋に前向きに、恋をしていない人はそんな自分も肯定できるようになると思います。

――1冊目のエッセイよりよかった点はなんですか?

 1冊目のAmazonのレビューに「結局どうすれば問題解決になるのか書かれてないただの感想文」みたいなコメントをしていた方がいたので、今回はその不安を取り除くにはどうしたら良いのか、最終的な解決方法についても書くようにしました。共感しつつも、解決策もわかっちゃう最強の本になったと思います。

――1冊目より苦労したことはなんですか?

 家族、友達、恋の始め方など、1冊目ではあまり触れられなかった部分についても書いたところです。普段発信する内容も恋愛の切なさや不安についてが多かったので、その他の内容について、分かりやすく本に収めるのは私の中では挑戦でした!

1作目『「運命の恋」のはずなのに、どうして私の彼氏じゃないんだろう』

――どうしてツイッターとインスタグラムに加え、YouTubeもはじめられたのですか?

 ラジオアプリの公式アンバサダーに選んでいただいたことがきっかけです。アプリを通じてフォロワーさんから嬉しい反響をいただいて、アプリを使っていない、YouTubeなら使っているフォロワーさんにも聞いてもらえたら良いなと思って始めました。より多くの人の相談にのれるようになって良かったと思います。

――インスタグラムやYouTubeで恋愛相談にのっていますが、どんな相談が多いですか?

 「セフレを好きになってしまって苦しい」「好きな人とセックスしてしまったけど彼女になれますか」といった、好きな人との曖昧な関係に悩んでいる人が多いです。その次に多いのは「彼氏が他の女の子とラインしてた」とか、彼氏への不安が多いですね。

――恋愛相談にのる際、注意していることは何ですか?

 やっぱり自分の視点から状況を見ていると、小さな問題も大きくしすぎてしまったりするので、客観的に本当に解決すべき問題を見つけるようにしてます。また、文面だけでは伝わらない本人たちの状況もあるので、具体的に「絶対こうするべき!」と言い切ることはしないようにしてます。

――自分自身では今後、どんな恋愛をしてみたいですか?

 お互いを尊敬しあって、相手に喜んで欲しいと尽くし合える関係が良いですね、刺激的で一時的な恋愛はもういいです!(笑)毎日幸せが掛け算されていくような恋愛がしたいです。

――これから執筆業で挑戦してみたいことを教えてください。

 実は以前から小説を出すことが夢だったのですが、なんと、小説を今書かせてもらっているので、それが良いものになるように全力を尽くします。

 新たな執筆にも取り組み、どんどん前に進んでいるもちこ。今後も彼女の言葉たちや文章に注目したい。

この記事で紹介した書籍ほか