あの「旦那が散らかした物をUPするアカウント」が書籍発売! 著者が語るお気に入りの投稿とは?

暮らし

2020/4/26

『#ゴミ捨てろ〜うちの旦那はティッシュをゴミ箱に捨てられない〜』(gomi_sutero/KADOKAWA)

 旦那が散らかした物につっこみの文字を入れてInstagramにアップする主婦gomi_suteroさんの書籍『#ゴミ捨てろ〜うちの旦那はティッシュをゴミ箱に捨てられない〜』(gomi_sutero/KADOKAWA)が4月15日に発売となった。

 gomi_suteroさんは、フォロワー数83万人もの超人気アカウント。鼻炎の旦那氏があちこちに置いたままにする鼻をかんだティッシュや、トイレットペーパーを替えたあとに散らかされた芯、開けっ放しにされた調味料のフタなどに的確かつクスッとしてしまうつっこみを入れて投稿したところ、人気に火がついた。

 つっこみのおもしろさはもちろん、「こういう人いるいる!」「うちの家族も同じように散らかす!」という共感や「なんでこんなに散らかされても怒らないの?」「ゴミを散らかす旦那さんと仲良く暮らす秘訣は?」など、gomi_suteroさんのおおらかな姿勢に感心してしまうことが人気の秘訣だろう。

 本書は、Instagramにアップされた写真を掲載しながら、その投稿の裏話や後日談、物を散らかす家族と暮らしながらも家をきれいに保つ生活の知恵などgomi_suteroさんならではの視点で紹介している。

 今回は、そんなgomi_suteroさんに書籍制作時のエピソードやお気に入りの投稿について聞いた。

――本が発売された今の気持ちを教えてください!

 まだ実感が湧かずずっと他人事のようです……本屋さんとかで見つけたら実感湧くかな〜と思っていますがまだ見に行けないので楽しみに取っておきます♪

――本の制作中に苦労したことがあれば教えてください。

 1歳の娘を見ながら作業していたのですが、大人のマネをしたがるようになってきていたので ペンを奪われたり紙を取られたりしながらで大変でした(笑)。

――旦那さんにアカウントのことはまだ知られていないとのことですが、バレないように作業するのは大変ではなかったですか?

 日中は娘がいてなかなかはかどらなかったので、旦那が寝てからせっせとやっていました(笑)。幸いにも旦那が娘を寝かせる担当で、20時過ぎから一緒に寝落ちしてくれてたので真夜中にすることもなく助かりました(笑)! 原稿などは旦那が開けることがない掃除用品を入れている場所にひっそりと入れていました

――本の中でいちばんのお気に入りを教えてください!

「英世は早い」がお気に入りです! 娘のちゃんと正座して聴いてる感じがじわじわきます(笑)。そしてこの本を旦那が音読してくれたおかげで私も野口英世のすごさを再認識しました(笑)。娘が大きくなったらちゃんと読ませたい本です!

――今、新型コロナウイルス感染拡大の影響で家にいる時間が増えたかと思いますがどのように過ごしていますか?

 娘とベランダでシャボン玉をしたり、レジャーシートをしいておやつを食べたり、いつもは目を背けていた窓の掃除など念入りにしたり、娘が寝てからは韓国ドラマを見ています。旦那も在宅ワークになり、考えることが多くて頭が熱くなったようで冷えピタをしていたのですが、洗濯機から何倍にも膨れ上がった冷えピタが出てきました。「仕事増やすな!」とつっこんでおきました(笑)!

ゴミ箱に捨てていたので、拾ってシンクに入れて撮りました(笑)

 家で過ごす時間が多くなり、家事が増えたり家族にちょっと苛立ちを感じたりすることが増えてきた今、gomi_suteroさんのおおらかな暮らしを参考にしてみてはいかがだろうか。

文=須川奈津江

この記事で紹介した書籍ほか