荻上チキの「次にくるマンガ」の見つけ方は? 「人間関係の遠近感を丁寧に描く作家が好き」

マンガ

公開日:2020/9/11

 ダ・ヴィンチとniconicoが共催する、読者参加型のマンガ賞「次にくるマンガ大賞」。6回目を迎えた今年、「コミックス部門」と「Webマンガ部門」をあわせたエントリー数はなんと4768作品に! 投票数は約33万票にも及んだ。8月19日に結果が発表され、『ダ・ヴィンチ』10月号(9月4日発売)では「次にくるマンガ大賞2020」を特集。ずらりと並んだ旬の注目作をチェックしてみてほしい。(本記事は『ダ・ヴィンチ』10月号より転載)

このマンガに「出逢ってしまった」「伝えなくては」

Q マンガの入手方法・読む時間・好みは?

A Kindleで。電子版が出にくいものや、飾りたい作品は、紙で。読むのは寝る前が多いです。電気を消して、ベッドで眠くなるまで読みます。iPadにkindleアプリを入れるのが一番サクサク読めます。ジャンルは絞らず、幅広く読んでいると思います。雑誌なら、『アフタヌーン』『モーニング』『スピリッツ』『フィール・ヤング』。

Q 特に好きな作家・作品は?

A ヤマシタトモコ、中村珍、鳥飼茜、金田一蓮十郎、吉田秋生、志村貴子、コナリミサト、入江喜和、木尾士目、よしながふみなど、人間関係の遠近感を丁寧に描く作家が好きです。横槍メンゴ、大今良時、九井諒子、森薫など、画風が好きな作家も追いかけます。福満しげゆき、桜玉吉などは、嫉み感が他人事ではなく好きです。

Q 新しいマンガの見つけ方は?

A 書店の面陳、Amazonのランキングやリコメンド、TwitterのTLなど、偶発的な出会いが多いですね。最近は著者の方のTwitter投稿が増えたので、それで買うことも。雑誌などの書評も参考にします。

Q すばらしいマンガに出会ったら?

A 「出逢ってしまった」「良かった」「買って良かった」「追わなくては」「伝えなくては」みたいな…? 積極的に友人にすすめたり、ラジオや書評でレビューしたり。マンガ家の方にインタビューするのも好きです。

Q おすすめの「次にくるマンガ」は?

A 『さんかく窓の外側は夜』『推しの子』『ヨシノズイカラ』『見える子ちゃん』『はしっこアンサンブル』『妻と僕の小規模な育児』『裏世界ピクニック』『ミステリと言う勿れ』などは、特に続刊を楽しみにしています。ひとつあげるなら『ヘテロゲニア リンギスティコ』を。

おぎうえ・ちき●1981年、兵庫県生まれ。評論家。メディア論を中心に、政治経済、社会問題、文化現象まで幅広く論じる。「荻上チキ Session-22」(TBSラジオ)メインパーソナリティ。ペンネームの由来は、『げんしけん』の荻上千佳。

荻上さんが選ぶ 次にくるマンガ

構成・文:波多野公美

この記事で紹介した書籍ほか