高杉真宙の「次にくるマンガ」はダーク要素も入った作品「すばらしいマンガに出会うと、読みながら立ち上がります」

マンガ

公開日:2020/9/12

 ダ・ヴィンチとniconicoが共催する、読者参加型のマンガ賞「次にくるマンガ大賞」。6回目を迎えた今年、「コミックス部門」と「Webマンガ部門」をあわせたエントリー数はなんと4768作品に! 投票数は約33万票にも及んだ。8月19日に結果が発表され、『ダ・ヴィンチ』10月号(9月4日発売)では「次にくるマンガ大賞2020」を特集。ずらりと並んだ旬の注目作をチェックしてみてほしい。(本記事は『ダ・ヴィンチ』10月号より転載)

すばらしいマンガに出会うと、読みながら立ち上がります

Q マンガの入手方法・読む時間・好みは?

A 基本はお店で。休日落ち着いている時に。王道の少年マンガやスポーツマンガなど、やっぱり熱いジャンルは好きです。ただ、あまり偏らないようにいろいろ読みたいなぁと思っているので、少女マンガも読みます。

Q 特に好きな作家・作品は?

A 竹内友先生『ボールルームへようこそ』。キャラクター達に感情移入をドップリしてしまいます。観たことがない競技ダンスを観戦したと思わせてくれる、スピード感ある作画が素敵です。森薫先生は、作品の中に出てくる衣装の刺繍などが細かく描かれていて見惚れてしまいます。家に飾って永遠に見ていたいです。

Q 新しいマンガの見つけ方は?

A 表紙買いや作家さん、ネットで気になったら買うようにしています。何故か毎回気になっても買わないマンガもあって不思議です。

Q すばらしいマンガに出会ったら?

A 読みながらいつも立ち上がります。冗談抜きで本当に立ち上がっていますね。取材でおすすめのマンガを聞いて頂けることも多いので、そこで紹介したり、コラムを書かせて頂いているのでそちらでもおすすめしたりします。

Q おすすめの「次にくるマンガ」は?

A 最近立ち上がったマンガは『シャドーハウス』です。出会ったきっかけはネットだったと思います。顔のない一族「シャドー」と、彼らに仕える「生き人形」のお話です。マンガは声の感情が分からないので表情などで感情を表現するものだと思うんですが、シャドー一族は顔が真っ黒で表情が読めないんです。その使い方がおもしろくて。可愛らしい絵なんですが、読み進めるとミステリー要素、ダーク要素も入ってきて、のめり込んでいきます。

たかすぎ・まひろ●1996年、福岡県生まれ。小学6年生でスカウトされ芸能界デビュー。2020年、主演映画『前田建設ファンタジー営業部』が公開。ドラマ・映画・CMなどで活躍。幻冬舎plusで「漫画喫茶・タカスギへようこそ」を連載中。

高杉さんが選ぶ 次にくるマンガ

構成・文:波多野公美

この記事で紹介した書籍ほか

シャドーハウス 1 (ヤングジャンプコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088911847