大坪由佳「違ったかなって思う時、いつでも先輩の背中を見てきました」【声優図鑑+】

アニメ

公開日:2020/10/19

大坪由佳

 編集部が注目する声優に、仕事に向き合う気持ちからプライベートまでをじっくり伺い、撮り下ろしのミニグラビアを交えて紹介する人気企画「声優図鑑」。【声優図鑑+(プラス)】では、これまでに「声優図鑑」を飾ってきた声優たちが2度目の登場! 前回を振り返りつつ、成長したことや新たな目標をインタビューし、今の素顔に迫ります。

第8回となる今回は、2016年の初登場以来、約4年ぶりに大坪由佳さんが登場!

声優活動をスタートさせてから9年目。相変わらずトーク上手で大人っぽく、7月7日に開設したTwitterでは今まで以上にファンとの交流を楽しんでいる大坪さん。2016年の前回から比べて、どんな変化があったのでしょうか。お仕事のこと、プライベートのこと、深めに掘り下げてみました!

——声優図鑑プラスへのご登場、ありがとうございます! 前回から約4年ぶりですね。最近のニュースといえば、今年の七夕にTwitterを始められたことですが。

大坪:自粛期間中にファンのみなさんと交流する場がなかったので、挑戦してみようかなと。6月のイベント『アイドルマスター シンデレラガールズ』で歌った『Sing the Prologue♪』という曲がきっかけになったんです。一歩踏み出す勇気をもらえる曲で、最初は元気な曲という印象でしたけど、何度も聴くうちに背中を押されて。なんとなく七夕の日に始めたら、まさか水樹奈々さんのご結婚とかぶるとは! 奈々さん大好きなので、おめでたい日になりました(笑)。

——そうでしたね! ちなみに、今までSNSを始めなかった理由は?

大坪:デビュー当時はまだ10代で、私の発言によってキャラクターへの印象が変わってしまったらどうしよう。とか、作品によって告知にバラつきが出たらイヤだな…とか、色々不安だったんです。だから、告知は事務所にお任せして、自分の気持ちはラジオやイベントでしっかり伝えようと思っていたんです。ファンの方も「自分たちで情報を探すから大丈夫」「自分の時間を大事にしてね」って言ってくださって、ありがたいなと思いながら。

——フォロワー数はすでに6万人超え。ファンのみなさんも受け入れてくださってるのでしょうね。始めるとき、周りの方がTwitterのことを教えてくれたとか。

大坪:主に、三上枝織さんと東内マリ子さんですね。「引用リツイートって何?」ってところから始まって、「これがハッシュタグか!」とか(笑)。ほかの声優さんをサイレントでフォローするべきか、お会いしたときに聞いてみるべきか、とか。本当に細かい相談を全部聞いてくれました。

——いざ始めてみて、どうですか?

大坪:ラジオネームやお手紙で見たことのある方々が何人かいらして感動しました!
プライベートのなてことない呟きにも皆さんからリプライをいただけて、愛情をより近く感じる事が出来てうれしかったです。この前は、再放送されていた『ハナヤマタ』の実況をしたんですよ。ファンのみなさんと時間を共有できたし、青山吉能ちゃんとのラジオでも実況したりして。いや〜楽しかったですね!

——最近の作品で思い出深いものは?

大坪:『夢現Re:Master』っていう百合系のゲームで、ばな子っていう犬の役を演じさせていただいて。もともと百合ものが大好きで、今回はわちゃわちゃしている中に入るというより、ヒロインを第三者目線で見守るのが新鮮だったし、「バウバウ」言いながらヒロインをペロペロ舐めたりするのが楽しくて。続編では、ばな子のエンドルートが開放されて、まさかの人間と犬がくっつくという世界観も生まれたんです!

——本当に楽しんでいるのが伝わります(笑)。前回語られていた「人外の役を演じたい」という夢も、ばな子役で叶えられたと。演じる役柄の変化は感じますか?

大坪:デビュー以降、ありがたいことに色々なキャラクターを担当させていただく機会が多かったです。『ゆるゆり』の京子という元気なキャラから始まり、『シンデレラガールズ』のかな子はおっとり系だし、『ビビッドレッド・オペレーション』のわかばはかっこいい感じ。『艦隊これくしょん -艦これ-』では8キャラを演じ分けて…。相変わらず元気っ子も多いですが、低い声で演じるような役も増えて、自分では意外でうれしかったです。長寿作品が多いのもありがたいことですね。

——長く携わっていることによる楽しみもありそうですね。

大坪:そうですね。新しいキャラクターが増えていくなかで、その子たちへの接し方がそれぞれ違っていたりして、「こういうところもあるんだ」と意外な一面を知ることもありますし。「◯◯ちゃん、成長したな!」みたいな、ただの一ファンの目線です(笑)。

——大事だと思います(笑)。お芝居をする上での変化もありますか?

大坪:キャラクターが成長していくのとともに、私自身にも包容力みたいなものが生まれてきた気がします。後輩にアドバイスするときのセリフでも、以前は自分に余裕がなかったから「大丈夫!」と空元気になりがちでしたけど、今は「大丈夫だよ」と本当に相手を安心させたい気持ちで優しく見守れるようになったというか。

——肩の力が抜けてきた、という感じでしょうか。

大坪:そうですね。最初は何をするにしても正解がわからない状態で、正しいと思ってしたことでも「違ったな」と感じることが多くて。そんなときは、先輩たちの背中を見てきたんです。だから今、先輩の立場になるような現場でも、今まで見てきたことを生かせているなと感じます。

——今度は大坪さんが若手声優さんたちのお手本に。デビューしてから10年近く経ち、変わらないこともあり、いろんな変化もありますね。

大坪:生放送6時間のなかでサインを1000枚書いてみたり、ステージでレースみたいに客席の間を走ってみたり、畑仕事をしたり(笑)。もともと声優としていろんなお仕事をしてみたかったので、まさに日々めまぐるしく、いろんなことに挑戦できていて。それに、もともといろんな方とお話をするのは好きですけど、最近は「こういう人間です!」って話しかけなくても知ってくださっている方が増えて、より深くコミュニケーションがとれるので、ありがたいなって思います。

——Twitterに続いて、これから新たに挑戦したいことはありますか?

大坪:時代の流れで新しく出てくるものには、興味ありますね。今ならASMRとか。ゲーム一直線で前しか見えないようなタイプですけど、新しいものは好きなので、まだ自分が知らないような世界にどんどんチャレンジしたいです。音声だけのラジオでひとり喋りをしたい、という夢もデビュー当時から変わらなくて。自分のことを知らない方にも、ふと聴いてもらえるじゃないですか。車のなかで聴いていたら声優さんのラジオが流れてきて思わずはまってしまった、みたいな世代で育ってきたので、自分もそんな存在になりたいなあと。

——ちなみに、大坪さんが聴いてきたラジオ番組とは?

大坪:『うたわれるものらじお』が好きで、小山剛志さんにお会いしたときにそれを話して仲良くしていただいたり。新谷良子さんと吉田真弓さんが出られていた『マリッジロワイヤルラジオ~あなたのお嫁さんにしてください~』とか。それこそアイマスの先輩の今井麻美さん、中村繪里子さんのラジオも。声優になってからは、話のリズムや相槌の仕方を勉強したくて、何人かで話されているラジオを聴くこともありました。

——大坪さんのトーク力はそういうところから影響を受けているんですね。プライベートでは、最近どんな休日をすごしていますか?

大坪:相変わらずゲームをしています。自分が出ているものだと『スターライトステージ』『プリンセスコネクト!Re:Dive』『艦これ』『ワールドフリッパー』『オルタンシア・サーガ』とか。ソシャゲが多いから、朝起きてすぐにログインボーナスを網羅して、デイリーミッションをクリアしたり、『あつまれ どうぶつの森』や『スプラトゥーン2』をしたり。マルチにやっていたら半日くらい経っているような感じですね。

——マルチ度がすごすぎます(笑)

大坪:スマホとSwitchとテレビの3画面が大体ついていますね。オートでソシャゲをしながら、テレビっ子なので手にスイッチを持って録画していたバラエティやニュースを全部流して。

——ゲーム好きは以前と変わらずで。声優さんの交友関係はどうですか?

大坪:やっぱり変わらないですね。七森中ごらく部の3人とは今でも仲が良くて、誕生日にプレゼント交換をしているし、グループLINEで長時間会話したり。『のうりん』で仲良くなった東内マリ子ちゃんも何かあると連絡とっていますし。何でも話せる人たちですね。

——前回はプライベートの目標として、世界中を冒険したいと語っていましたが、今はどうでしょう。

大坪:今はなかなか行けませんが、目標は世界各国のディズニーランドをめぐること。まずは上海に行ったんですけど、言葉が通じなくても、アトラクションでワーッてなると目を合わせて笑ったりするのが楽しくて。1日じゃ回りきれないくらい広いし、食べ物の味も口にしてみないと分からないので、地図を見ながら本当に冒険をしているようで楽しかったです!

——前回のインタビューで「ブレたくない」と仰っていたのが印象に残っていたのですが。

大坪:4年前はまだ20代前半で、大人になるにつれて変わっていくことに不安みたいなものがあって、変わらないでいたいなって気持ちが強かったかもしれません。でも、全然大丈夫でした! 実家で自分が出た雑誌を全部とっておいてくれていて、それとか、昔のDVDを見ていると、本当に変わらないなと。むしろもうちょっと変わってもいいんじゃないかと思うくらい(笑)。

——ブレないことがたくさんありましたね(笑)。最後に恒例、読者へのメッセージをお願いします!

大坪:まさか声優図鑑プラスに出させていただくとは。前回も「インタビュー読んだよ」「大坪さんを知るにはここを読もう」と言ってくださる方が多くて。こんな時期なので、久々に外で撮影できて楽しかったし、こうして自分自身を見返してみると本当にいいファンのみなさんに恵まれているなと。そして、やっぱり4年前からあんまり変わってなかった(笑)。これからもブレずにがんばります!

——大坪さん、ありがとうございました!

【声優図鑑+】大坪由佳さんのコメント動画【ダ・ヴィンチニュース】

次回の「声優図鑑」をお楽しみに!

大坪由佳

「大坪由佳」声優インタビュー&ミニグラビア【声優図鑑】(2016/10/21)

大坪由佳(おおつぼ・ゆか)EARLY WING所属

大坪由佳(おおつぼ・ゆか)Twitter

◆撮影協力

撮影=山本哲也、取材・文=麻布たぬ、制作・キャスティング=吉村尚紀「オブジェクト