泣いて濡れたい女性に贈る、“性”を書くカリスマ官能小説家・草凪優の傑作3選!

文芸・カルチャー

2019/5/1

 最近、女性読者が急増している官能小説。女性にもファンの多い作家のひとり、草凪優氏の名前は、本好きなら知っている人も多いだろう。官能小説が描くのは“性”だが、“性”という字は、“生きる”という字と、“心”を意味する立心偏が組み合わさってできている。草凪氏の作品はその字の成り立ちそのままに、性的な興奮を、生きる人の心を... 続きを読む