村上春樹『職業としての小説家』はエッセイの枠を超えたビジネス書!?

文芸・カルチャー

2016/1/12

―小説を書くことに関する、僕の見解の(今のところの)集大成みたいなものとして読んでいただければと思う―  430万部を突破した、1987年の『ノルウェイの森』を機に、世界的に“ハルキスト”を有することとなった作家・村上春樹。上記の言葉は2015年9月に刊行した『職業としての小説家』の“あとがき”の一文だ。  『職業と... 続きを読む