「なんて不謹慎な小説!」と宮部みゆきがイチオシ! “復讐”をモットーとする危ない女子高生の痛快青春ミステリー

文芸・カルチャー

2016/1/25

『ラメルノエリキサ』(渡辺優/集英社)  生きるのも死ぬのも、人を殺すのも、つきつめていけば、すべて、「自分のことが好きだから」成し得ることではないか。結局、すべて自己満足。だが、それはどれほど儚く危ういものだろう。自分自身だけがよりどころなんて寂しい気がするからこそ、人はみなそれを巧妙に隠す。自分の欲求など隠して「... 続きを読む