こんどうようぢ、とまんら人気モデルが語る「ジェンダーレス男子」という新しい生き方とは?

暮らし

2016/1/23

    img01

 間違いなく男子なのに、スタイルやファッション、ヘアやメイクまで細部にこだわり、どこか中性的な雰囲気を醸し出す「ジェンダーレス男子」と呼ばれる若者たちが増えている。

 「ジェンダー」とは体の性別とは別に、文化的に位置づけられた“性”をさす言葉。よく言われる「男らしさ」「女らしさ」といった表現は、まさにそうしたジェンダー的な意識に基づいている。それを窮屈に感じ、誰かが決めた“らしさ”ではなく「自分らしさ」を大切にする生き方として支持されているようだ。テレビや雑誌といったメディア露出のみに頼ることなく、ツイッターなどのSNSで独自に自分のファッションや趣味を発信するというスタイルも、若者たちに共感を呼んでいる。

 支持しているのは男性だけでなく、そのルックスから女性のファンも多い。シングル曲がオリコンランキング13位にランクインするなど、歌手としても活動するカリスマ読者モデル・こんどうようぢを、ボーイズグループ「XOX」の中心メンバーとしてメジャーデビューを果たしたとまんといった代表的なモデルはすでに並のタレントを超えるフォロワー数を誇る。

 昨年末には書籍『ジェンダーレス男子』(双葉社)も発売され、話題を呼んでいる。前出の2人以外にも、とまん、かじゅ魔、ほりえりくといった人気モデルの素顔を楽しめる内容。私服SNAP、24時間密着セルフィーなどビジュアル面だけでなく、本音トークが満載の対談コーナーなど、生き方や価値観も含めて彼らの魅力に徹底的に迫った「パーフェクトスタイルブック」と銘打ち、ツイッターなどに書き込まれたファンの熱烈な感想に驚くほどだ。

 そんな本書の発売を記念して、1/24(日)WEGO原宿竹下通り店、1/30(土)WEGO大須店、1/31(日)WEGO心斎橋店と、3カ所で握手会やチェキ撮影会が開催される。イベント詳細はウェブサイトに掲載。若者世代の「新しい生き方」が気になる人は、ぜひチェックしてみよう。

■『ジェンダーレス男子
著:ジェンダーレス男子
価格:1,600円(+税)
発売日:2015年12月18日(金)
出版社:双葉社