萩原一至と和月伸宏がキャラ原案!オリジナルアニメ『エンドライド』に「すごい組み合わせ!」とファン興奮

マンガ

公開日:2016/2/11

 萩原一至と和月伸宏がキャラクター原案を手掛けるオリジナルアニメ「エンドライド」が、2016年4月よりテレビアニメ放送開始となることが発表された。また、キャスト陣も発表されており、スマートフォン向けゲーム配信もされるなど、嬉しいニュースの連続に「もうエンドライドのことで頭いっぱいや~」と喜びの悲鳴が上がっている。

 舞台となるのは、地球の裏側に広がる未知の世界“エンドラ”。エンドラの王子・エミリオは、現王・デルザインを強く憎んでおり、復讐をしようとするも歯が立たず悲嘆にくれていた。そこに、不思議な水晶の力でエンドラへと吸い込まれてしまった地上の少年・浅永瞬が現れたことで、少しずつ運命の歯車が回り始める。ひとりは元の世界へ帰るため、ひとりは復讐を成し遂げるため、違う世界で育った2人の少年が掴む未来とは―。「エンドライド」は、“これぞ王道!”な冒険ファンタジーだ。

 瞬とエミリオのW主人公となっているが、キャラクターデザインも萩原と和月がそれぞれがキャラクター原案を務めている。まず、瞬のキャラクターの原案を務めたのは和月。1994年に連載を開始させた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』では多くの読者を虜にし、テレビアニメ化に実写映画化、さらには舞台化も果たすなど、国民的マンガとなっている。一方、エミリオの原案を描いたのが萩原。『週刊少年ジャンプ』に『微熱口紅』が掲載されたことからデビューを果たし、1988年に連載を開始した『BASTARD!!-暗黒の破壊神-』で人気を博した。現在も『ウルトラジャンプ』で不定期連載されており、未完の大作である。その卓抜した画力は、『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博など、多くのマンガ家に影響を与えている。

 「エンドライド」テレビアニメは、2016年4月~9月まで、全24話で放送されることが決まっており、瞬役を務めるのは小野賢章、エミリオは増田俊樹が担当する。2人とも自身のTwitterで報告、増田は「W主役、気を引き締め作品作りに励みます」と意気込みを見せている。さらに、ヒロイン・アリシアを演じるのは美山加恋、ヒロインのお付き・ファラリオンには大橋彩香をキャスティング。他にも、高橋広樹や鳥海浩輔らが出演決定しており、その豪華声優陣にも期待が高まる。

 また、アニメの世界とリンクしたスマートフォン向けゲーム「エンドライド~X fragments~(クロスフラグメンツ)」も、アニメ公開に合わせて4月より事前予約が開始され、年内に配信されることも決定。シナリオは「テイルズ オブ ジ アビス」も手がけた実弥島巧が務める。

 萩原と和月という、超大物作家2人のコラボには「おお!? バスタード×るろ剣の最強コンビが放つ新作アニメとな!? 観ないとな」「すごい組み合わせ! 気になる!」「ちょ!! なんなの?? この豪華原案二人!」「何この素敵タッグ!? ワクワク致します!」「めちゃめちゃ面白そうな予感しかしないです!!」と、興奮冷めやらぬようである。

 さらに「ちょーたのしみ! やっぱりテレビからまっすーの声が聞けるってのは幸せなことだわ!」「賢章くんとまっすーのW主役期待大!」「加恋ちゃんの役柄が、ヒロイン役ということでときめいてしまった私」という声や、「ゲームシナリオ実弥島さんとか、期待しかないわ、、」「ゲームの絵柄が超好みだわ!もちろん、事前予約しますとも」との声も上がっている。

 2016年3月26日(土)に行われる「AnimeJapan2016」(東京ビッグサイト)のステージイベントには、メインキャスト4人が登壇することが決まるなど、嬉しいニュースが続く「エンドライド」。4月の放送開始を心待ちにしていよう。

アニメ「エンドライド」
放送日時:2016年4月~ 日本テレビほか
原作:ENDRIDE PROJECT
監督:後藤圭二
シリーズ構成:待田堂子
制作:Brain’s・Base
キャラクター原案:萩原一至、和月伸宏
キャスト:小野賢章、増田俊樹、美山加恋、大橋彩香、高橋広樹、鳥海浩輔など

「エンドライド~X fragments~(クロス フラグメンツ)」
ジャンル:新感覚コマンドクロスアクション RPG
配信:App Store、Google Play(ネイティブアプリ)
利用料金:基本プレイ無料、アイテム課金制
提供開始予定:2016年内
キャラクター原案:萩原一至、和月伸宏
⇒「エンドライド」公式ホームページ