小室哲哉ブームを終わらせたのは宇多田ヒカルだった 1998年、音楽界はどう変わったのか?

音楽

2016/3/9

『1998年の宇多田ヒカル』(宇野維正/新潮社)  斜陽化の叫ばれる音楽市場。一般社団法人 日本レコード協会による直近の統計によれば、2015年におけるCDの総生産枚数は1億6783万9000枚で、年々、減少傾向にあるという。その背景をどこに求めるかはさておき、少なくとも音源を手にするという喜びやありがたみは以前とは... 続きを読む