松ロスに哀しむファンに朗報! 作家・乙一が挑む“おそ松さん・リターンズ”小説

エンタメ

2016/3/30

『おそ松さん』総力特集を掲載する『ダ・ヴィンチ』5月号(4月6日売り)
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 28日深夜に最終回が放送され、放送終了を惜しむ声があがっているTVアニメ『おそ松さん』(テレビ東京)。ファンのツイッターでは“松ロス”という言葉があふれ、Yahoo!トピックスにも『おそ松さん』関連の“ロス”記事が掲載されるなど、アニメファンの枠を超えた一大コンテンツの終幕が話題を呼んでいる。

 そんな中で製作委員会の監修のもと、『おそ松さん』の世界観を引き継いだ小説が『ダ・ヴィンチ』5月号(4月6日売り)に掲載される。

 執筆に挑戦するのは今年でデビュー20周年を迎えた作家・乙一。タイトルは「なごみ探偵おそ松さん・リターンズ」だ。昨年11月に放送された第8話から、なごみのおそ松が1万2000字の大ボリュームで帰ってくる。

 この他にも、『おそ松さん』キャラクターデザインをつとめた浅野直之による「大ヒット御礼! 描き下ろし6つ子イラスト」やオリジナル付録「6つ子しおり」に加え、本誌でエッセイ連載を持つ、星野源と浅野との対談、声優・小野大輔(十四役)と入野自由(トド松役)による“振り返り”キャストインタビューも掲載。30ページ超のボリュームで『おそ松さん』が巻き起こした一大ブームを関係者、ファン、作家、タレントの多様な視点から振り返っている。

 4月以降もDVDやグッズの発売、イベントなどが続々予定されている『おそ松さん』。まだまだその勢いは衰えそうにない!

ダ・ヴィンチ』5月号(4月6日売り/価格730円)
「松ロス」するにはまだ早い! 『おそ松さん』総力特集コンテンツ

・オリジナル付録!「6つ子しおり6種」
・大ヒット御礼! 描き下ろし6つ子イラスト 浅野直之
・“振り返り”キャストインタビュー 小野大輔/入野自由
・[盟友クリエイター対談]浅野直之×星野 源
・“あなたの松エピソード” アンケート発表!
・『おそ松さん』お騒がせクロニクル
・原点から再発見! 昭和の名作「おそ松さん」を読む。
[インタビュー]富永禎彦(studioぴえろ)/中野晴行(マンガ評論家)
・乙一が挑む「おそ松さん」ノベライズ 「なごみ探偵おそ松さんリターンズ」