剣でも、魔法でもなく、少女は“言葉”の力で世界を切り拓く【西尾維新や辻村深月も受賞歴のある「メフィスト賞」受賞作『図書館の魔女』】

文芸・カルチャー

2016/4/14

『図書館の魔女』(高田大介/講談社) 本とは、単なる文字の連なりではなく、「言葉」であり、「声」であり、「音」である。現に、ある研究では、本などの文章を読む際に、声に出さずに黙読していても頭の中で文章を読み上げる「声」が聞こえる、という人は8割を占めているらしい。素敵な本に出会った時、その物語が終わってしまうこと、そ... 続きを読む