ある日、突然「光アレルギー」に…。暗闇の中でしか生きられない生活とは? 闘病そして愛の物語

社会

2016/5/24

『まっくらやみで見えたもの 光アレルギーのわたしの奇妙な人生』(アンナ・リンジー:著、真田由美子:訳/河出書房新社)  ある日、突然、闇の中でしか生きられなくなってしまったら……何も見えない、色すら感じない、そんな生活を受け入れられず絶望的になるだろう。  自分の周りから光がなくなるなんて、まるでSFの世界のようだ。... 続きを読む