誉田哲也氏最新作は、「ジウ」×「姫川玲子」の衝撃のコラボ作品!動機も真実も闇に堕ちる戦慄のノワールサイドとは

文芸・カルチャー

2016/6/6

『硝子の太陽N ノワール』(誉田哲也/中央公論新社)  誰だって、闇の世界に溺れたくなる時がある。それは、理不尽な事態に直面した時。全うな道を進んで何も解決しないとわかったならば、日の当たらない道を通りたくもなる。犯罪や殺人がなくならないのは、理不尽な事態への解決方法が見つからなかった結果だろう。不条理な世の中とはい... 続きを読む