【ダ・ヴィンチ2016年10月号】吉田修一特集番外編

特集番外編2

2016/9/6

今ならまだ間に合います 編集K まずはじめに書かねばならないのが、映画『怒り』はとんでもない作品だということ。 3本は映画が作れそうなほど豪華なキャスト、スタッフが限られた時間の中で、これでもかともがき苦しむ。 プロの熟練した技術で“作る”のではなく、一人の人間として現場で悩み、生きること。 そうして生み出されたシー... 続きを読む