直木賞受賞作『破門』の続編! ミステリ史上“最凶”と名高い「疫病神」コンビが、選挙戦の暗部に迫る!

文芸・カルチャー

2016/10/17

※書影は前作『破門』(黒川博行/KADOKAWA)、リンク先は『喧嘩』  「縁」というものがこの世にあったとして、それが「良縁」ばかりとは限らない。運命の糸の先には、スジモノの強面男がいる場合だってある。「疫病神」としか呼べないようないけ好かない男を相棒に持ったら、一体日常はどうかき乱されていくのだろう。  黒川博行... 続きを読む