南京のマッサージ店で働く盲目のマッサージ師たち―。奮闘と挫折、人間模様を繊細に描いた傑作小説『ブラインド・マッサージ』

文芸・カルチャー

2016/10/23

『ブラインド・マッサージ』(畢飛宇:著、飯塚 容:翻訳/白水社 原題『推掌』)  長編小説にとって最高の栄誉である茅盾文学賞受賞作品であり、既に中国ではテレビドラマや舞台、映画にもなっているベストセラー小説(特に、映画は名匠、ロウ・イエ監督が手がけ、第64回ベルリン映画祭で銀熊賞を、台湾金馬奨で最優秀作品賞を獲得する... 続きを読む