幻の「ツチノコ」を追い求めた日々の記録! 『逃げろツチノコ』――タイトルに秘めた著者の想いとは?

エンタメ

2016/10/25

『逃げろツチノコ』(山本素石/山と渓谷社)  読者諸氏はツチノコをご存じだろうか。もちろん、実際に見た人はまずいないと思うが、昭和40年代から50年代にかけてたびたびメディアを騒がせた幻のヘビだ。ヘビでありながら体は短くて太く扁平しており、そこに毒ヘビらしい三角形の頭とネズミのような尻尾を持つ。その一見ユーモラスなス... 続きを読む