頼るのは夜と性の世界。昭和30年代、日本最大の在日朝鮮人密集地・猪飼野の少年たちが見た闇とは?

社会

2016/10/28

『完全版 猪飼野少年愚連隊 奴らが哭くまえに(講談社+α文庫)』(黄 民基/講談社)  映画『ALWAYS 三丁目の夕日』は昭和33年(1958年)の東京・下町を舞台にした作品だ。登場人物たちに一喜一憂あれども、高度成長期という時代背景もあり、作品全体には“より良き未来”という希望の光が差し込んでいる。  一方、同じ... 続きを読む