ファン必見!! 大人気の異世界転移系アニメ“リゼロ”と“このすば”がコラボレーション!!

アニメ・マンガ

2017/1/30

img01
『Re:ゼロから始めるこのすば生活』(KADOKAWA)

 2016年夏アニメとして絶大な人気を誇った『Re:ゼロから始める異世界生活』、通称“リゼロ”は、回を追うごとに重さが増していく、それでいて中だるみがなく視聴者を飽きさせない異世界ダークファンタジー。コンビニからの帰り道、突如異世界・ルグニカ王国に迷い込んでしまった菜月昴(ナツキ スバル)が主人公で、ただの引きこもりだった彼に与えられた唯一の能力は、死ぬことで時間を巻き戻すことができる“死に戻り”の能力のみ。転移先の世界でエミリアやラム、レム、その他大勢の仲間や敵に出会い、死に戻りを繰り返しながら戦っていく物語。

 そして2017年冬アニメとして2期が放送中の『この素晴らしい世界に祝福を!』、通称“このすば”は、2016年冬アニメとして1期が放送され、その狂気をはらんだ面白さが話題となった異世界ギャグコメディ。こちらの主人公・佐藤和真(サトウ カズマ)も引きこもりで、ゲーム三昧の日々を送っていた。しかしゲームを買いに行った際、トラクターに轢かれそうだった少女を助けようとして撥ねられ……たと勘違いをし、ショック死してしまった。そして天界で出会った女神・アクアを道連れにして異世界へ旅立ち、そこで出会ったヒロインたちと魔王討伐に挑んでいく、というストーリー。

 この、異世界転移ものとして多くのアニメ好きを虜にした2作品をコラボレーションさせた、『Re:ゼロから始めるこのすば生活』(KADOKAWA)という雑誌が出版された。雑誌『コミックキューン』(KADOKAWA)の増刊として去年末に発売されたこの雑誌は、出版されるやいなやネットで話題となり、売り切れ続出。現在は重版待ちの状態となっている。

 そんな大人気の本書は、このすばファン、リゼロファンなら読まずにはいられない超豪華な内容。まずは、このすばの原作者・暁なつめと、リゼロの原作者・長月達平が、自らの作品、そしてお互いの作品について熱く語っているインタビューページから始まる。暁と長月は一緒にTRPGをしたりする大の仲良しで、お互いの作品のファンでもあるそうだ。さらに、別で2人の対談コーナーも設けられており、2人が出版するきっかけとなった『小説家になろう』での出会い、暁の上京、そして対面と、2人の出会いのエピソードが語られている。

 また、仲良しでありながらライバルでもあり、お互いの作品を読んで「ぐぬぬ」と思っていたと笑い合う様子から、2人の関係も覗き見ることができる。他にもそれぞれの生活スタイルや執筆の仕方など2人の仕事や価値観に関することも書かれており、ファンはもちろんのこと、ラノベが好きな人や、小説を書きたい人も読む価値のある内容となっている。

 さらに、2作品の主要キャラを演じている声優陣へのインタビューも掲載されている。このすばのカズマ役・福島潤と、リゼロのスバル役・小林裕介の対談には、キャラクターを演じてきたからこその裏話が満載。また、このすばのめぐみんとリゼロのエミリアを演じている高橋季依も、アフレコ時の思いやキャラクターへの愛、演じていく上で感じた作品の違いなどを存分に語っている。

 この『Re:ゼロから始めるこのすば生活』は、他にも読者のファン力を試すクイズ、様々なテーマで繰り広げられる「このすば」vs.「リゼロ」対決、ライトノベルやコミックの表紙一覧、そしてファンなら絶対見たい、描きおろしのコラボコミックも掲載されている。

 コラボコミックでは、もしこのすばとリゼロの世界が逆だったら、という設定で描かれており、このすばヒロインたちのダメっぷり、リゼロヒロインたちの最強っぷりがより強烈に分かる結果となっている。

 リゼロのアニメは終わってしまったが、このすばは2期も絶好調。また、両作とも原作は続いている。ベクトルは真逆と言っていいくらいに違う2作品だが、どちらも同じくらい濃厚で中毒性の高い作品。「ただのハーレムものでしょ?」「異世界転移モノはもう飽きた」と0話切りしていた人には、今からでも見ることを強くオススメする。そして作品への愛、キャラクターへの愛を深めたら、本書を読みながら2作品のキャラクターを行き来させ、思う存分妄想を繰り広げようではないか。

文=月乃雫