『三国志』の群雄たちが女子高生に転生しちゃった!?  設定が斬新すぎる学園ラブコメ!

アニメ・マンガ

2017/2/7


『劉備徳子は静かに暮らしたい』(仲野えみこ/白泉社)

 三国志をモチーフとしたフィクションは古今東西幅広く生み出されているが、なかでも、最近ちょっと度肝を抜かれたマンガを紹介したい。『劉備徳子は静かに暮らしたい』(仲野えみこ/白泉社)。悠久の時を越え、群雄たちがそろいもそろって現代日本に転生しちゃったという少女マンガだ。

 正直、最初はギャグかと思った。なにせ、かの有名な劉備・関羽・張飛のかわした「桃園の契り」の描写から始まり、三国時代のものものしさを煽ってからの、「生まれかわって女子高生になった…劉備徳子(16)」というモノローグである。もちろん彼女は劉備の生まれ変わりなのだが、前世の記憶をもった彼女はみずから「少しおじさんみがあるだけの至って普通の女子高生」と自己紹介する。いやそれ普通じゃないし。おじさんみってなに? と、まずそこでぐっとつかまれてしまった。

 ところが読み進めてみたら、全然、ギャグじゃなかった。三国志をベースに人間関係も個々の性格も緻密に設定された、かなり胸キュンの学園ラブコメだった。徳子をはじめとする登場人物全員が三国時代の英雄であり、彼らの前世は全員、男。忠義で結ばれた記憶の残る彼らは、いくら現世で普通の男女として暮らしているからといってそう簡単に色恋沙汰には踏み込めない。そのじれったさが、なんだか、萌えるのである。

 ちなみに現世で女子として転生しているのは、三国の君主のみ。魏の曹操は生徒会長の曹司操(そうじ・みさお)、呉の孫権は貿易会社の令嬢・孫市権(まごいち・はかり)に。彼女たちをそれぞれ慕う関羽、張飛、周瑜、夏候惇などは男子高生として登場する。

 徳子が現世で望むのは“目立たずひっそりと人助けをすること”。だがそこはやはり、自然と人の集まってきてしまう人徳をそなえた劉備の生まれ変わり。望むと望まざるにかかわらず揉め事に巻き込まれていくのだが、その過程での、三国志ネタと現役高校生たちの青春のからめ方が絶妙だ。

 徳子のお節介で助けられた謎の小学生が「お姉さんがそういう人なのはわかった…三度も会えばね」と意味深なセリフを残して去ったときは、ベタだけども、わー!! となった。権(はかり)とその側近・周(あまね)のぎこちない関係に、権の兄の存在が垣間見えたときも、読みながら悶絶! なんて具合に、三国志ファンのツボを押さえたネタがそこかしこに投入されているのも読みどころのひとつ。登場人物それぞれに転生前の名前と役割がきちんと捕捉されるので、三国志の知識がなくても、転生ラブコメとして楽しめるが、本作をきっかけに三国志に興味を持って原典にあたりたくなる人も多いだろう。

 死期もばらばらだった彼らがなぜ中国ではなく日本に、しかも同じ学年に転生するのだ、という野暮なツッコミはしないでいただきたい。登場人物みずから「謎の転生」と口にしているので、もしかしたらなにかその関係には意味があるのかもしれないが、なかったとして、それはそれでいいと思わせてくれる面白さが本作にはある。忠義と恋心の間で揺れ動く三国の人間模様を存分に堪能してほしい!

文=立花もも