マガジン新連載『ランカーズ・ハイ』に反響続々「頭脳派なのに超バイオレンスでエグい!! アツい!!」

マンガ・アニメ

2017/2/12

    img01
    『週刊少年マガジン』10号(講談社)

 2017年2月8日(水)に発売された『週刊少年マガジン』10号から連載がスタートした『ランカーズ・ハイ』。読者からは「主人公が頭脳派なのに超バイオレンスでエグい!! アツい!!」と期待の声が上がっている。

 『ランカーズ・ハイ』は、主人公・渕上竜也が借金返済のために、武器以外は何でもあり、敗者は必ず死ぬと言われている「MAD」と呼ばれる闇格闘技に挑むというストーリー。渕上は腕っぷしの強さではなく、人一倍キレのある頭脳で戦うというキャラクターで、第1話では「MAD」ランキング第9位、元チャンピオンボクサー・柴灯臨と対戦する。

 同作は作者の中島諒が、マガジン誌上で毎月開催されている新人賞、MGP(マガジングランプリ)で2014年2月に佳作を受賞した作品と同タイトル。2016年3月に読み切りとして掲載した際に大反響を呼んだ作品とあって「待ってました!! 超楽しみにしてた連載で、すでに次回が待ち遠しい!!」「新連載おめでとうございますー! これは激アツ案件」と待ちに待っていたファンは大興奮。

 さらに中島は自身のTwitterアカウントで「急に思わぬ成長期が訪れてしまいいくら体操服を新調してもすぐに替えが必要になる女の子描きました」「壁に達成したい目標を貼るとモチベーションが上がると聞いた女の子描きました」などのコメントと共に、数々の可愛い女の子のイラストをアップしていることでも有名なため「描きましたシリーズの人か…!?」「中島さんの描くお尻好きだから連載ちょっと気になる」「喧嘩モノでも頭脳戦って読み応えありそう、女の子は絶対可愛いしな」と話題になっているよう。

 中島は今回の連載開始にあたって「本日より週刊少年マガジンにて『ランカーズ・ハイ』連載開始です!楽しみに待って頂いてた方お待たせしました! お尻絵しか知らない方は初めまして! アンケートも簡単に応募できるようになったのでぜひ応援よろしくお願いします!」とツイート。今後の展開に注目だ。