もう試着室でがっかりしない! 「ベースカラー」「骨格バランス」に合う服がわかれば絶対着こなせる

暮らし

2017/3/1

    img01
    『あなたの好きな服が、似合う服になる』(小島葉子/発行:主婦の友インフォス 発売:主婦の友社)

「この服、買ったときはいい感じだったけど、やっぱり私には似合わない…!?」 そんな“がっかり経験”を徹底解決できる『あなたの好きな服が、似合う服になる』が2017年2月22日(水)に発売された。

 誰しも一度は考えたことのある「マネキンはスタイルがいいから」という言い訳。マネキンにはなれないが、着方次第で好きな服を自分に似合わせることは、誰にでもできる。そのために重要なのが、「ベースカラー」と「骨格バランス」。

 「ベースカラー」とは色を大きく、青と黄色にわける考え方。青みを感じる色を「ブルーベース」、黄みを感じる色を「イエローベース」と呼び、人の肌も、このどちらかにわけることができる。自分のベースカラーにあった服や髪色、コスメを選ぶと、毛穴やシミ・シワ、くすみが目立たず、美肌に見せることができる。

 「骨格バランス」とは生まれつき持っている、「質感」と「骨格」のこと。りんご体形の「ストレート」、洋なし体形の「ウェーブ」、バナナ体形の「ナチュラル」の3タイプにわけることができる。体の重心が高いストレートは胸元が深く開いた服、低い位置にあるウェーブならハイウエストにしたりと、自分の骨格バランスにあった服を選ぶことで、誰でも簡単にスタイルアップできる。

    img02

 同書は簡単にできるセルフ診断で、自分のベースカラーと骨格バランスをすぐに知ることができる。オトナ女子なら1着は持っておきたい12の定番アイテムと6の小物を、骨格バランス別に写真付きで掲載。

    img03

    img04

 他にも、ベースカラー・骨格バランス別に最適なヘアスタイルやコスメの選び方まで、この1冊で完全網羅。おしゃれ迷子なそこのあなたも、明日からすぐにスタイルアップできること間違いなし!

    img05

※掲載内容は変更になる場合があります。