自主規制や有害指定、それでもマンガ家たちはエロを描く―。エロマンガに込める思いとは?

アニメ・マンガ

2017/3/5

『エロマンガノゲンバ』(稀見理都/三才ブックス)>  日活ロマンポルノやピンク映画、アダルトビデオなど、かねてから日本で「エロ」と括られてきた文化は先鋭的な表現の受け皿として機能してきた。エロさえ満たしていれば何をやってもいい、そんな緩さが個性的な作家性を保護してきたのである。  エロマンガもまた、そんなユニークな現... 続きを読む