はたらく動物は何を思う? 人とともに生きる動物たちの物語

文芸・カルチャー

2017/3/17

『はたらく動物と』(金井真紀/ころから)  古くは玖保キリコの『バケツでごはん』、最近ではヒガアロハの『しろくまカフェ』(ともに小学館)など、言葉を話す動物たちが動物園やカフェなどで働く作品はこれまでも存在してきた。しかし作者による創作ではなく、動物たちを取材してまとめた本は見当たらなかった。 はたらく動物自身はどう... 続きを読む