“スター社員”になるための習慣とスキル――ルーキー社員、レギュラー社員、スター社員はどこが違う?

ビジネス

2017/5/2

 仕事がデキる人になれる習慣とスキルを紹介した『スター社員になるための「働き方」の教科書』。

 組織の大小に限らず、仕事の最前線であるリーダーの立場になると見える景色が変わり、仕事がより楽しくなる。同書では、その場所に立てるビジネスパーソンを“スター社員”と定義。社会人1年目クラスの“ルーキー社員”、3~4年目で一人前になった立場の“レギュラー社員”、会社を牽引する“スター社員”といった3つのポジションを比較して紹介している。

<成功の法則>
・ルーキー社員は昇進・昇級で満足する
・レギュラー社員は顧客を満足させる
・スター社員は顧客を感動させる

<読書の法則>
・ルーキー社員は月2冊読む
・レギュラー社員は良書を人にすすめる
・スター社員は繰り返し読む座右の書を持つ

<ファッションの法則>
・ルーキー社員はシャツにこだわる
・レギュラー社員はスーツにこだわる
・スター社員は靴にこだわる

 スター社員には、仕事が好きで常に人を喜ばせることを考え、成果を出し続けられるという共通点がある。同書には、上記3つの法則以外にも情報発信、チームワーク、人間関係など45個のテーマを上げて比較。「一流を真似する」ことでスター社員になれる方法を紹介している。

 スター社員になることができたら、出世はもちろん、どんな場所でも結果を出すことができ、どこに行ってもメシの食える人間になれる。普段は本を読まない人や、上司として若手社員に仕事を渡したい人にもおすすめの同書。一流の人たちから習慣とスキルを真似て、スター社員を目指そう。

松本俊人(まつもと・としひと)
株式会社アズ企画設計代表取締役社長。東京都渋谷区出身。中央大学卒。不動産コンサルタント、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、2級建築施工管理技士、マンション管理業務主任者、不動産コンサルティングマスター、調理師、一級小型船舶操縦士。平成5年、川口市でアズ企画設計を設立。「空室のない元気な街を創る」を経営理念に、賃貸、売買、建築リフォーム、相続対策や不動産投資など、地域密着型のビジネスを手がける。『超地域密着型会社戦略』、『「ワケあり物件」超高値売却法』、『地域密着型空間プロデュース企業のビジネスストーリー』、『マンガ驚くほど「満室続き」の不動産経営』、『マンガでわかる不動産の活用&節税』など著書多数。

※掲載内容は変更になる場合があります。