「あきらめとは、自分の中の可能性を広げること」【宮下奈都インタビュー後編】

文芸・カルチャー

2017/4/10

2016年、『羊と鋼の森』(文藝春秋)で第13回本屋大賞を受賞し、一躍人気作家となった宮下奈都。このたび、彼女のデビュー作となる『静かな雨』(文藝春秋)が12年の時を経て書籍化された。執筆当時、右も左もわからず無我夢中で作品を書き上げたと話す宮下。インタビュー後編では、デビュー作が完成するまでの日々、そして『羊と鋼の... 続きを読む