「良心とか後悔が私には一切ない」――サイコパスと混同されやすいソシオパス(社会病質者)とは?

社会

2017/4/26

『ソシオパスの告白』(高橋祥友:訳/金剛出版)  ハンニバル・レクターのように精神疾患を抱えた人物は長年、フィクションやノンフィクションを問わず人々の興味の対象であり続けてきた。しかし、疾患を抱えた側の人間から症状を説明するタイプの書籍はほとんど見られなかったのではないだろうか。  M・E・トーマス(仮名)は元弁護士... 続きを読む