「誰が最後に『本』を救うのか?」―出版社の元社員がリアルに描く出版業界の裏側とは?

文芸・カルチャー

2017/5/15

『断裁処分』(藤脇邦夫/ブックマン社)  ダ・ヴィンチニュースでは以前、永江朗さんによるノンフィクション『小さな出版社のつくり方』(猿江商會)について取り上げている。 「この本の良さをわかる人だけわかってくれればいい」の思いがあれば、企画から発行まですべて1人でこなすことができる。創業資金も「いい車を1台買える予算が... 続きを読む