なぜ「痛いの、痛いの、飛んでいけ!」で痛みが改善するのか…その論理とは?

出産・子育て

2017/5/17

『なぜ母親は、子どもにとって最高の治療家になれるのか?』(長谷澄夫/和器出版)  小さな子どもがケガをして泣く。そして、母親はケガの箇所に優しく手を当てる。すると、子どもがすっと泣き止む。 『なぜ母親は、子どもにとって最高の治療家になれるのか?』(長谷澄夫/和器出版)は、「子を想う母親の力」から整体の論理を説いている... 続きを読む