地味な人生を歩いた父には「愛したもの」があった――40過ぎの独身女性6人の物語。疲れた心を癒す優しい短編集『あなたは、誰かの大切な人』

文芸・カルチャー

2017/6/24

『あなたは、誰かの大切な人』(講談社)  幸せの形は色々ある。昔は、結婚をして、家を建て、子どもを育てることが1つのステータスだった。現代では多様化する価値観によって、みんながそれぞれ自分の人生の在り方を探すようになった。結婚も家も子どもも、日本人すべてに当てはまる幸せの形ではなくなってきている。これはとても良いこと... 続きを読む